1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 教育
  5.  > 神戸大学(1)

神戸大学のニュース一覧

クローン繁殖体(無性芽)によるゼニゴケの栄養繁殖。(画像:神戸大学発表資料より)

無性生殖を行う植物は珍しくない。 10/14 10:02

今回の実験の概要(藤田医科大学発表資料より)

がん幹細胞は、がんの転移や腫瘍形成に大きなな役割を果たしている細胞である。 10/07 07:54

岩石 (かんらん岩) 弾丸をGibeon鉄隕石に高速度衝突 (6.97 km/s) させてできるクレーター部分の詳細。岩石質物質の液体 (暗い灰色)と微粒の鉄の液体 (明るい灰色の球体) は、混ざりあわずに分散した状態で固化している (c) Brian May, Claudia Manzoni, and Guy Libourel et al.

太陽系誕生直後には微惑星同士の衝突が頻発したと考えられている。 09/18 08:44

今回の研究で示された、ミクログリア活性化とうつ様行動におけるLHジペプチドの抑制効果。(画像: 神戸大学の発表資料より)

神戸大学大学院医学研究科の古屋敷智之教授、北岡志保講師、キリンホールディングスの阿野泰久研究員等の共同研究チームは、納豆、酒粕、青カビチーズ等の発酵食品に豊富に含まれるLHジペプチドに、マウスのうつ様行動を抑制する働きがあることを確認した。 09/10 17:33

ミクログリア活性化とうつ様行動におけるLHジペプチドの抑制効果。(画像:神戸大学発表資料より)

神戸大学などの研究チームが、うつ様行動を改善する作用のあるペプチドを発見した。 09/09 19:39

花が一度も開くことがないまま結実するアマミヤツシロラン。(画像:神戸大学発表資料より)

また新種の菌従属栄養植物が発見された。 08/03 21:33

研究の概要をイメージにした図。(画像:神戸大学発表資料より)

銀河宇宙線というのは、太陽系外からやってくる高エネルギー荷電粒子である。 06/30 16:20

冥王星の「白いハート」の特徴。(画像:神戸大学発表資料より)

冥王星には海がある。 05/22 13:32

巨大衝突の数値計算結果。赤が原始地球のマグマオーシャン由来の成分、オレンジがマグマオーシャンの下の固体岩石由来の成分、青は衝突した天体由来の成分。グレーのものは原始地球及び衝突した天体の金属のコアの成分である。(画像:海洋研究開発機構発表資料より)

地球の衛星である月はどうやって生まれたのだろうか。 05/12 16:43

サンリクモズク。(画像:神戸大学発表資料より)

神戸大学の研究グループが、東北地方太平洋岸で採取した褐藻を新種と同定、「サンリクモズク (Tinocladia sanrikuensis)」の和名でこれを発表した。 04/12 12:19

沖縄本島で発見されたオキナワソウ。(画像:神戸大学発表資料より)

沖縄県の沖縄本島・石垣島で、菌従属栄養植物の新変種が発見され、「オキナワソウ」と命名された。 03/11 11:55

復活植物種であるHaberlea rhodopensis。(画像:神戸大学発表資料より)

復活植物とは、水なしで数カ月から数年に及ぶ乾燥期間を生き残る事のできる植物の事である。 03/11 09:01

発見された天体の想像図。(画像:国立天文台発表資料より)

70年前から存在を予測されていた「微惑星」が初めて実際に見つかった。 01/29 12:00

今回の研究成果から予想されるモデル図(画像: 神戸大学の発表資料より)

神戸大学バイオシグナル総合研究センターは、アミノ酸代謝酵素の一つであるD-アミノ酸酸化酵素(DAO)が、活性酸素種(ROS)を発生させることによって、細胞の老化を促進させることを解明した。 01/24 11:45

 1 2  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告