はやぶさ2 帰還、カプセルを分離して次の目的地に向かう

2020年12月6日 21:01

印刷

記事提供元:スラド

小惑星探査機はやぶさ2が帰還し、小惑星リュウグウで採取したサンプルを格納したカプセルを分離したのち、拡張ミッションの目的地となる微小小惑星「1998 KY26」へ向けて再び旅立った(JAXA - 新着情報はやぶさ2プロジェクトカプセル分離時の実況ライブカプセル再突入時の実況ライブ)。

はやぶさ2は5日14時30分頃、カプセルを分離。その後、5回目の軌道修正マヌーバー(TCM-5)を実行して地球圏離脱軌道に入った。今後は1998 KY26へ向かう途中でさまざまな試みを行いながら、11年後のランデブーを目指す。

カプセルは6日2時28分頃、大気圏に再突入し、オーストラリア・ウーメラにパラシュートで着地した。再突入時には火球が観測され、はやぶさ2からの撮影も行われた。ヘリコプターでの探索により、カプセルはウーメラ立入制限区域(WPA)内で4時47分に発見されている。JAXAはカプセル回収後の記者会見を6日16時30分から開催する。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | JAXA | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
小惑星リュウグウ、一時は太陽に接近した軌道にあったという研究成果 2020年05月10日
はやぶさ2による小惑星リュウグウの観測結果が発表される 2020年03月19日
はやぶさ2、リュウグウを出発して地球へ 2019年11月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードオーストラリア宇宙航空研究開発機構(JAXA)はやぶさ2リュウグウ

関連記事