1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 宇宙技術・天体
  5.  > ハッブル宇宙望遠鏡(1)

ハッブル宇宙望遠鏡のニュース一覧

欧州宇宙機関(ESA)が、2014年に発見された銀河団「ACT-CL J0102-4915」の写真を公開した(sorae)。 02/21 14:48

天体観測装置MUSEが発見した宇宙ジェットHH 1177 (c) ESO, A McLeod et al.

欧州南天天文台(ESO)は6日、大マゼラン雲内に、誕生したばかりの大質量星から放たれる「宇宙ジェット」と呼ばれるプラズマを発見したと発表した。 02/09 09:48

PHANGS-ALMA計画で撮影された6つの渦巻銀河。星の材料となるガスが放つ電波をとらえており、渦巻状に広がるガス雲のようすが詳細に描き出されている。(C)ALMA (ESO/NAOJ/NRAO); NRAO/AUI/NSF, B. Saxton

宇宙にはたくさんの銀河があり、大きさも形もさまざまで、また、その銀河の中で作られる星々も活動期間や星の作られ方はさまざまだ。 01/16 21:23

NASAが運営するハッブル宇宙望遠鏡が13日にとらえたウィルタネン彗星 (c) NASA, ESA, D. Bodewits (Auburn University) and J.-Y. Li (Planetary Science Institute)

16日に地球から約1,160万キロメートルの距離に最接近したウィルタネン彗星。 12/27 09:08

大気が蒸発するホット・ネプチューン「GJ 3470b」の想像図 (c)  NASA, ESA, and D. Player (STScI)

太陽系以外の恒星を公転する惑星が初めて発見された1995年以降、約4,000個の太陽系外惑星の存在が明らかとなった。 12/18 21:42

かみのけ座銀河団から発見された多数の球状星団 (c) NASA, ESA, J. Mack (STScI), and J. Madrid (Australian Telescope National Facility)

米航空宇宙局(NASA)が運営するハッブル宇宙望遠鏡の公式サイトHubbleSiteは11月29日、かみのけ座銀河団の中心部を精査したところ、2万2,426個もの球状星団を発見したことを報告した。 12/07 20:13

すばる望遠鏡が撮像した成熟した大質量楕円銀河 (c)国立天文台

国立天文台、東京大学、コペンハーゲン大学らが参加する研究グループは26日、すばる望遠鏡に搭載された近赤外線カメラ等を用いた撮像観測から、約120億年前となる大質量楕円銀河の祖先の形態を明らかにした。 11/29 20:59

接近した2つの銀河。ブラックホールが急成長している。 (c) Hubble, NASA, ESA, and M. Koss (Eureka Scientific, Inc.

銀河同士が接触すると、何が発生するのだろうか。 11/16 21:55

オウムアムアの想像図 (c) ESO/M. Kornmesser, ヨーロッパ南天天文台

「オウムアムア(Oumuamua)」と呼ばれる謎の飛行物体が、世間を騒がせている。 11/11 10:10

ハッブル宇宙望遠鏡で撮像したへび座。右上に恒星HBC 672により発生した「コウモリの影」を観測できる。 (c) NASA, ESA, and STScI

地上でも日差しによって影が生じることは、よく知られる現象だ。 11/06 21:29

赤色矮星が放つフレアが公転する惑星の大気に影響を及ぼす想像図 (c) NASA, ESA and D. Player (STScI)

英字ニュースでしばしば見かける「hazmat(hazardous materials items)」。 10/23 17:08

ケプラー1625bとその衛星のイメージ(C) NASA/ESA/L. Hustak

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、ハッブル宇宙望遠鏡と系外惑星探査機ケプラーによって太陽系外に惑星を周回する衛星のようなものを発見した、と明らかにした。 10/13 20:18

NASAのハッブル宇宙望遠鏡。(c) NASA

アメリカ航空宇宙局(NASA)が打ち上げ運用し、ヨーロッパ宇宙機関(ESA)も協力する、ハッブル宇宙望遠鏡は、ジャイロスコープの不具合により、自動セーフモードに入ったとNASAの公式サイトにて9日報告があった。 10/11 16:59

中性子星「RX J0806.4-4123」の想像図。 180億マイルもの円盤から赤外線を検出したと説明がつく (c) NASA, ESA, and N. Tr’Ehnl (Pennsylvania State University)

NASAは18日、ハッブル宇宙望遠鏡が中性子星の周辺から放出される謎の赤外線を検出したと発表した。 09/20 09:04

 1 2  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告