太陽系外の惑星で水蒸気の存在が確認、降雨や生命の可能性も

2019年10月9日 18:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ハッブル宇宙望遠鏡による観測で、太陽系外惑星「K2-18b」の大気に水蒸気が含まれていることが分かったという(ナショナルジオグラフィックBBCBusinessInsider)。

 K2-18bは地球から約124光年離れた位置にあるK2-18を公転する惑星。観測結果からは質量は地球の8.63倍、半径は2.711倍と推測されており、生命が存在できる可能性のあるハビタブルゾーン内になるとされている。

 大気からの水蒸気の検出は、ハビタブルゾーン内を公転する惑星としては今回のK2-18bが初めてとなる。また、その大気は-73~47度の間にあると考えられるという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
公転周期の非常に長い系外惑星HR 5183 b、細長い楕円軌道が確認される 2019年09月01日
太陽系外の惑星と思われる天体の直接撮影に成功 2008年09月17日
地球に最も近いハビタブルゾーンの系外惑星「プロキシマb」には大気がない可能性 2017年08月20日
銀河バルジ内で発見された系外惑星、高い確率でハビタブルゾーンに位置することが確認される 2013年10月20日
太陽系外惑星の大気から水を初検出 2007年04月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード惑星ハッブル宇宙望遠鏡

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース