1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 宇宙技術・天体
  5.  > ダークマター(1)

ダークマターのニュース一覧

超広視野多天体分光器PFSの模式図 (c) PFS プロジェクト/カブリ数物連携宇宙研究機構/国立天文台

光害等により夜空が明るいため、地上から遠方の天体を観測するのは困難を伴う。 03/16 06:27

重力波望遠鏡KAGRAが設置された岐阜県高山市神岡鉱山内のトンネル内の様子(写真:国立天文台の発表資料より)

東京大学宇宙線研究所は2月25日、大型低温重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)の観測を開始したと発表した。 03/02 11:55

研究グループが開発したAIツール「ダークエミュレータ」の概要 (c) 京都大学基礎物理学研究所、国立天文台

宇宙上の物質分布は一様ではなく、銀河が網状に散らばった構造をしている。 02/10 08:30

ハッブル宇宙望遠鏡やスローン・デジタル・スカイ・サーベイがとらえたスーパー渦巻銀河 (c) 上段: NASA, ESA, P. Ogle and J. DePasquale (STScI). 下段: SDSS, P. Ogle and J. DePasquale (STScI)

直径10万光年の天の川銀河よりも遥かに大きなスーパー渦巻銀河。 10/23 16:56

スウェーデン王立科学アカデミーは8日、カナダ系米国人宇宙物理学者ジェームズ・ピーブルズ氏、スイス人天文学者ミシェル・マイヨール氏、ディディエ・ケロー氏の3名にノーベル物理学賞を授与することを発表した。 10/09 20:37

今回観測された12個の原始銀河団。(c) 国立天文台/Harikane et al.

最も新しいデータによれば、私たちの宇宙の年齢は138億年とされている。 10/01 16:10

重力波検出器を用いた場合の、あるアクシオンの質量(横軸)に対する結合定数測定の精度(画像: 東京大学の発表資料より)

この宇宙を占める元素で最も多いのは水素であるが、その総量は宇宙全体の質量の5%に過ぎない。 09/12 08:26

銀河団中心部のイメージ図。(c) JAXA

JAXA宇宙科学研究所は9月2日、惑星分光観測衛星「ひさき」による銀河団観測から、銀河団中心では、冷却されたガスの量が理論的予測よりも少ないことが分かったと発表した。 09/06 21:45

研究グループが提案する深層学習によるモデル(左)と従来の解析的手法によるモデル(右)の比較。提案モデルのほうが誤差が小さい。 (c) S. He et al./PNAS2019

東京大学は28日、人工知能を駆使した宇宙の複雑な三次元シミュレーションモデルの作成に初めて成功したと発表した。 08/31 15:51

原始惑星系円盤の偏光パターンのシミュレーション結果 (東北大学の発表資料より)

東北大学は4日、ダークマター(暗黒物質)の候補となる素粒子アクシオンの新しい発見手法を発表した。 06/05 18:13

YouTubeで公開された画像より。

国立天文台は5月22日、新たなプロモーション・ビデオ(以下、PV)を公開した。 05/27 08:55

宇宙に存在する物質の約85%が、目に見えない「ダークマター(暗黒物質)」と呼ばれる物質だ。 04/26 19:49

アンドロメダ銀河と天の川銀河の位置関係を示す概念図 (c) Kavli IPMU

故スティーヴン・ホーキング博士は、ダークマターは原始ブラックホールであるというアイディアを遺した。 04/04 20:18

球状星団NGC 5466の一部をハッブル宇宙望遠鏡が撮影。(c) NASA, ESA and S.T. Sohn and J. DePasquale (STScI)

天文学者たちは、NASAのハッブル宇宙望遠鏡とヨーロッパ宇宙機関のガイア衛星を使い、銀河系(私たちの銀河、天の川銀河)の質量の中で最も正確な測定値の1つを推定した。 03/11 12:29

 1 2  次へ進む

広告