1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 染色体(1)

染色体のニュース一覧

転写産物Sry-Tを欠損するとオスからメスへ性転換する(大阪大学の発表資料より)

大阪大学は2日、マウスの性を決定する因子を発見したと発表した。 10/08 09:05

新型コロナウイルス感染による重症化と関連する遺伝子のバリアントをもつ割合。地域差が確認されている。(c) スバンテ・ペーボ教授、Hugo Zeberg教授

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染しても無症状である人がいる一方で、重症化して入院する必要のある患者がいるなど、その症状には大きな開きがある。 10/05 11:54

オス(上)とメス(下)の成魚。オスにだけ特徴的な色(婚姻色)が確認される(写真:国立遺伝学研究所の発表資料より)

オスとメスの違いは、行動や形態など多岐にわたる。 07/07 19:13

細胞周期とマイクロインジェクションの時期が、ノックイン効率に与えることを示した図(画像: 理化学研究所の発表より)

理化学研究所の阿部高也技師らの研究チームが6月18日、ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」を使ったノックインマウスの作製法を開発したと発表した。 06/24 07:20

今回の研究の概要。(画像: 東京海洋大学の発表資料より)

ニジマスの精子や卵のもとになる細胞である「生殖幹細胞」を試験管内で増殖させることに東京海洋大学の吉崎悟朗教授のグループが成功した。 06/20 09:24

研究の概要(理化学研究所の発表より)

理化学研究所(理研)や近畿大学などの研究グループは、遺伝性腎臓病の1つで難病とされる「若年性ネフロン癆(ろう)」患者由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)の樹立に成功したと発表した。 05/06 12:19

柿やほかの植物の進化過程でみられる全ゲノム倍化(写真:岡山大学の発表資料より)

岡山大学は2月29日、柿の野生種であるマメガキの全ゲノム配列を解読したと発表した。 03/05 12:15

遺伝子解析の結果、レッサーパンダが系統発生学的に2つの種に分類されるという中国科学院の研究グループによる研究成果が発表された(論文、 BBC Newsの記事、 The Guardianの記事、 CNNの記事)。 03/01 19:54

TLR7とTLR8がX精子に及ぼす影響。(画像:広島大学発表資料より)

広島大学の研究グループが、簡便かつ安価な手段による雌雄の産み分け技術を開発した。 08/14 21:07

従来の理解に基づくスサビノリの世代交代。(Takahashi and Mikami(2017)を改変)(画像: 北海道大学の発表資料より)

アマノリというのは、あのいわゆる海苔の原料となる海藻類の総称である。 08/11 16:29

A,B.Dゲノムに変異を持つ植物(左)の種子休眠による発芽の遅れ。(画像:岡山大学発表資料より)

収穫前の麦が雨に濡れるなどして発芽してしまうことを穂発芽という。 08/01 13:05

米テンプル大とネブラスカ大の研究チームが、エイズウイルス(HIV)に感染したマウスの染色体からHIVのDNAを除去する実験に成功したと発表した。 07/09 20:13

大阪大や国立遺伝学研究所、米国国立衛生研究所(NIH)などの研究者が、金魚の全遺伝子情報の解読に成功したと発表した。 07/09 12:33

イトヨの淡水域への進出とDHA合成酵素Fads2遺伝子の増加。(画像:国立遺伝学研究所発表資料より)

地球の生命は、はじめ海で誕生したと言われている。 06/03 09:49

 1 2 3  次へ進む

広告

広告