金魚の全遺伝子解読に成功 7万個で魚類では突出して多い 阪大など

2019年7月9日 12:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 大阪大や国立遺伝学研究所、米国国立衛生研究所(NIH)などの研究者が、金魚の全遺伝子情報の解読に成功したと発表した朝日新聞Science Advances掲載論文)。

 金魚は一般の魚類と比べて約2倍の遺伝子を持っていることから全ゲノム解読が困難だったという。今回の研究の結果、金魚の祖先となる種では1400万年前に染色体数が2倍になる「全ゲノム重複」が発生し、それによって遺伝子数が大きく増加したことや、倍加した遺伝子の12%が失われていることなどが分かったという。

 こういった全ゲノム重複はほかの種でも発生しており、たとえばサケの祖先でも約8千万年前に起きたが、サケの場合進化の過程で不要な遺伝子の多くは失われてしまっているという。金魚は品種改良によってさまざまな品種が生まれたが、遺伝子が多いことが多くの品種改良につながったのではないかとも推測されている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック | サイエンス

 関連ストーリー:
中国で3人目の遺伝子操作ベビーが誕生か 2019年07月05日
再設計されたDNAによる「完全合成生物」が誕生 2019年05月21日
巨大な単細胞生物「海ぶどう」の全ゲノム解読に沖縄の研究者が初めて成功 2019年04月02日
近大水産研究所、ゲノム編集で筋肉量を増やしたマダイを生産 2018年09月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード染色体ゲノム遺伝子国立遺伝学研究所

広告