老化のニュース(ページ 2)

低タンパク質・高炭水化物の食事で脳の老化が予防できる可能性 シドニー大の研究

シドニー大学が科学雑誌『セル・リポーツ』に、新たな研究結果を発表した。
12/04 11:16

遺伝子を調べて人の老化状況を調べる技術 開発進む

「人の寿命を予測する」技術の開発が進んでいるという。
10/29 22:34

老化抑制のため若者の血液を輸血する診療所、米国で開業へ

米国・ニューヨークで、老化抑制目的で若者の血液を輸血する診療所が開業する見通しだという。
10/07 22:48

額の深いシワは心血管疾患の可能性 フランスの研究

2018年8月に、ミュンヘンで開催された欧州心臓学会において、額のシワと心臓の関連性についての研究結果が発表された。
09/03 07:39

遺伝情報はどのようにして次世代に伝えられるのか 東大が仕組みを発見

東京大学定量生命科学研究所所長の白髭克彦教授は10日、遺伝情報を次の世代に正確に伝える仕組みを発見したと発表した。
08/11 19:40

ノバルティスが「老化防止薬」研究 免疫能力向上や加齢疾患への効果期待

スイスの大手製薬会社ノバルティス(Novartis)が、「老化防止薬」の研究開発を進めている。
07/19 18:30

タヒチアンノニ カフェ、老化抑制効果もつスパイス使用の新メニュー 期間限定で

西新宿に店舗を構えるカラダにやさしいカフェ「タヒチアンノニ カフェ」が、人気のスパイス『AGEレス ミックスハーブ』を使った夏季限定の新メニュー2種類を、7月2日から9月29日まで期間限定で販売する。
07/01 21:08

高齢の鬱病患者は認知症を患うリスクが上昇 イギリスの研究

長らく心理学者のあいだでは、高齢者の鬱病と脳の老化に関連があるのではと推測されてきた。
06/01 12:02

ビタミンCが認知症リスクを低減する、金沢大学より世界初の報告

金沢大学の研究グループが、ビタミンCが認知症リスクを低減する事実を世界で初めて明らかにした。
05/27 17:57

人間は意識的に長寿を全うできる 食事と長寿の最新研究とは

●消化器学と内視鏡学の権威が共同で行った最新研究発表  2018年3月21日から3日間、ローマにおいて消化器学と内視鏡学の権威が集い、100才を超える長寿のための食生活について、最新の研究結果が発表された。
03/28 18:25

肌の弾力維持にタンパク質「DDR2」が重要、ファンケルが発見

DDR2というコラーゲン受容体タンパク質が、ヒトの肌の弾力性や柔軟性において重要な役割を果たしているという事実を、ファンケル社の研究グループが発見した。
01/09 05:17

タンパク質で出来た、活性酸素を除去する「マイクロマシン」が開発される

産業技術総合研究所(産総研)は、活性酸素を除去する機能を持ったマイクロマシンを、タンパク質だけを材料に作成することに成功した。
11/20 06:05

動脈硬化の進行、有酸素性運動で3分の1以下に抑制 産総研が10年間調査

産業技術総合研究所は7日、習慣的な有酸素性運動の有無が動脈硬化の抑制に影響を及ぼすことを見出したと発表。
11/09 06:15

大塚製薬、睡眠の質を改善する機能性表示食品の試験販売を開始

大塚製薬は29日より、特定機能食品の「賢者の快眠 睡眠リズムサポート」の試験販売を始めた。
05/30 12:29

「シニアの横柄」が誰でも起こる老化現象ならば、会社で考えなければならないこと

これは、決してシニアを悪くいうつもりではなく、幅広い年齢層の人がお互いハッピーに働くためには、必要かもしれないと思ったことです。
05/30 11:58

レモンポリフェノールの長期摂取が老化を抑制

超高齢化社会を迎えた日本では、健康を維持したまま老齢期を過ごすことへの関心が高まっている。
05/09 08:36

アンチエイジング市場が好調、2017年のキーワードは「シワ」の改善

株式会社総合企画センター大阪がまとめた「2017年 アンチエイジング化粧品の市場分析調査 ―ターゲットの細分化:“顔印象ケア”と“特定部位ケア”の深耕―」によると、2015年度のアンチエイジング化粧品市場は3205億円。
05/07 21:47

遺伝子変異によって脳の老化が加速する

脳の老化は人によって異なり、約3分の1の人はそれ以外の人よりも速く老化が進むということが確認されているそうだ。
03/22 11:39

前へ戻る   1 2