1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 株式市場(5)

株式市場のニュース(ページ 5)一覧

本日のマザーズ指数は、直近IPO銘柄や個別に材料のあった銘柄には盛んな物色がみられたが、時価総額上位銘柄群が引き続き重しとなる形で続落となった。 12/13 16:43

13日の日経平均は大幅に上昇。 12/13 16:33

日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は13日、前日比-1.19pt(下落率7.47%)の14.74ptと大幅に低下した。 12/13 16:00

日経平均は大幅続伸。 12/13 15:56

13日のマザーズ先物は前日比22.0pt安の852.0ptと大幅に5日続落した。 12/13 15:53

Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(大引け) 12/13 15:52

◆日経平均は2万4023円10銭(598円29銭高)、TOPIXは1739.98ポイント(27.15ポイント高)、出来高概算(東証1部)はSQ算出にともなう売買が加わり19億3574万株 12月13日(金)後場の東京株式市場は、英国の総選挙で与党が圧勝と伝えられ、少なくともこれまでの混迷・迷走だけは回避できると好材料視され、日経平均は一段高の2万4038円87銭(614円06銭高)で始まった。 12/13 15:37

全33業種が上昇、非鉄金属が上昇率トップ。 12/13 15:29

日経平均は前日比598.29円高の24023.10円(同+2.55%)で大引けを迎えた。 12/13 15:19

ストップ高買い気配。 12/13 14:21

ストップ高。20年10月期の営業損益予想を前期比36.4%増の0.50億円の黒字と発表している。 12/13 14:00

後場の日経平均は614円高でスタート、全業種がプラスで推移 12/13 13:15

■後場一段高の2万4038円87銭(614円06銭高)で始まる 12月13日の東京株式市場では、日経平均が後場一段高の2万4038円87銭(614円06銭高)で始まり、取引時間中としては2018年10月4日以来、約1年2カ月ぶりに2万4000円台に乗った。 12/13 13:00

13日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。 12/13 12:51

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

広告