1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 角野未智(1)

角野未智のニュース一覧

アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS

地球から約2億5,000万光年離れた銀河「GSN 069」の中心には、太陽の約40万倍もの質量をもつブラックホールが存在する。 09/16 09:16

陸上植物の花形成と緑藻の光防御の仕組みの比較(写真:名大の発表資料より)

我々が身近に感じる自然現象のひとつである花の形成。 09/13 17:55

開発する窓材の断面構造の想像図(写真:中部大学の発表資料より)

中部大学は10日、ガラスを10分の1程度まで軽くできる新しい薄膜材料を開発したと発表した。 09/12 18:40

研究の概要図(写真:京都大学の発表資料より)

生命をより理解するためには、生きたままの個体において、神経細胞等の細胞間の情報伝達を操作する必要がある。 09/11 20:00

惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA

太陽系の惑星で、自転周期の推定が厄介な土星。 09/10 19:07

現在の火星表面(左)と過去の火星表面の想像図(右)(c) NASA’s Goddard Space Flight Center

火星はかつて、地球同様生命が維持可能な大気が十分存在したと推測される。 09/08 07:49

ゼブラフィッシュの脳活動等の観察。レム睡眠とノンレム睡眠に相当する状態が発見された。(写真:国立遺伝学研究所の発表資料より)

国立遺伝学研究所は5日、ゼブラフィッシュにおいてレム睡眠とノンレム睡眠の存在を発見したと発表した。 09/06 11:36

4つの次元をもつナノ物質の周期表(写真:東京工業大学の発表資料より)

化学元素が原子番号順に並べられた周期表。 09/04 17:31

南大西洋深海の地質調査のためにハワイを出発する深海掘削船「JOIDES・リゾリューション」(c) International Ocean Discovery Program

地球温暖化が問題視される昨今。 09/03 21:32

研究グループが提案する深層学習によるモデル(左)と従来の解析的手法によるモデル(右)の比較。提案モデルのほうが誤差が小さい。 (c) S. He et al./PNAS2019

東京大学は28日、人工知能を駆使した宇宙の複雑な三次元シミュレーションモデルの作成に初めて成功したと発表した。 08/31 15:51

木星のようなガス惑星でありながら非常に高温の「ホットジュピター」。 08/30 20:18

飢餓と同時に経験した塩の濃度を避ける仕組み(写真:東京大学の発表資料より)

動物が自然界で生き残る確率を高めるためには、過去の経験を記憶・学習し、新しい環境に置かれても適切な行動を起こすことが求められる。 08/30 08:49

実験により示された脳活動と、幸福と関連する脳の部位(写真:京都大の発表資料より)

ブッダやアリストテレスが取り組んできた「幸福とは何か」という問い。 08/28 20:16

小惑星リュウグウ上の岩。所々に明るい部分が見える (c) MASCOT/DLR/JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が運用する「はやぶさ2」探査機が調査を続ける小惑星リュウグウ。 08/26 20:22

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告