ボーイングのCST-100 Starliner、地球に帰還

2022年5月28日 20:45

印刷

記事提供元:スラド

ボーイングの CST-100 Starliner が日本時間 5 月 26 日、地球へ無事帰還した(NASA のプレスリリースボーイングのプレスリリースNASA のブログ記事動画)。

Starliner は 2 回目の無人テストミッション Orbital Flight Test-2(OST-2) で日本時間 20 日に打ち上げられ、初めて国際宇宙ステーション (ISS) へのドッキングに成功していた。ドッキング後は ISS クルーがハッチを開き、初めてカプセル内に入って検査を行っている。

その後、日本時間 26 日 3 時 36 分にドッキングを解除して ISS を離れ、7 時 5 分に軌道離脱噴射を開始。ニューメキシコ州のホワイトサンズ宇宙港にパラシュートで降下し、7 時 49 分にはエアバッグを下にして静かに着陸している。これにより、6日間のテストミッションは成功裏に終了した。

今回のテストミッションが成功したことで、NASAとボーイングは有人テストミッションに向けた準備を進めていくことになる。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 国際宇宙ステーション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
ボーイングの CST-100 Starliner、国際宇宙ステーションとのドッキングに成功 2022年05月21日
ボーイングのStarliner、バルブ不調の原因は水分との見方 2021年10月23日
ボーイング、バルブ不調で ISS へのテスト打ち上げが延期された Starliner 宇宙船を調整のため製造施設へ持ち帰る 2021年08月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事