ボーイングのニュース

相場展望9月2日 外資系買い仕掛け? 題目:(1) 衆院総選挙で経済対策 (2) ワクチン接種上昇で経済正常化 (3) 日本株の割安

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/30、NYダウ▲55ドル安、35,399ドル(日経新聞) ・NYダウは、景気敏感株の一角に目先の利益確定売りが優勢だった。
09/02 09:02

相場展望8月30日 パウエル議長講演を、(1)株式市場は都合良い解釈で好反応、(2)債券・為替市場は緊張感漂う反応

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/26、NYダウ▲192ドル安、35,213ドル(日経新聞) ・朝方は高く始まったが、買い一巡後は高値警戒による利益確定売りが優勢となる。
08/30 08:21

自動運転時代で注目される新明和の機械駐車場技術と、100年史

ホンダが正式に自動運転「レベル3」に相当する自動運転技術を搭載した「レジェンド」を、3月5日に発売すると発表したのは前日4日のことだった。
05/06 16:46

相場展望4月1日 潮流に変化か: (1)ハイテク⇒(2)景気敏感⇒(3)業績へ 米政権(1)インフラ投資発表へ (2)社会福祉策は4月に

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)3/29、NYダウ+98ドル高、33,171ドル ・ワクチン普及に伴う経済活動の正常化期待が高まり、ボーイングの受注発表もあり、NYダウは連日で市場最高値を更新した。
04/01 09:14

相場展望3月15日号 米景気回復でNYダウ高、金利上昇でナスダック安 物色の流れは、ハイテク株売り⇒景気敏感株買い

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)3/11、NYダウ+188ドル高、32,485ドル ・長金利上昇が一服しハイテク株が相場を牽引した。
03/15 08:19

ボーイング、737MAXめぐる情報隠蔽訴訟で米司法省と和解金の支払いに同意

ボーイングは「737MAX」の墜落事故で情報の隠蔽により、米政府を欺いたとして起こされていた刑事訴訟で、米司法省と計25億ドル(約2600億円)の罰金や補償金を支払うことで7日に和解した。
01/12 16:52

F-2戦闘機後継また日米共同開発、MRJの挫折で日本の航空機産業は成り立つか?

F-2戦闘機後継が、また日米共同開発となった。
12/25 18:02

ボーイング737 MAX、ブラジルで運航再開

ブラジル・ゴル航空は9日、ボーイング737 MAX 8による商業旅客便の運航を再開した。
12/12 17:04

米連邦航空局、ボーイング「737MAX」運航再開を認める 米国内便から

2度の墜落事故が発生し、その調査のため運用中止になっていたボーイング製旅客機「737MAX」の運航再開が18日、米連邦航空局(FAA)によって認められたそうだ。
11/25 20:45

相場展望11月11日号 ワクチン開発・普及が、株・債券などの急落を招く恐れ 株式市場は、(1)米・新大統領(2)ワクチン開発で急騰

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)11/09、NYダウ+834ドル高の29,157ドル ・バイデン新大統領当選情報と、ファイザーの新型コロナワクチン開発の好結果を受けて一時+1,600ドル超上昇した。
11/11 07:50

相場展望9月30日号 大統領選までは調整し、結果判明で年末まで株高 割安感と成長期待の芽を感じ、日本株投資

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)9/28、NYダウは+410ドル高の27,584ドル ・米追加経済対策への期待で景気敏感株に買いが入った。
09/30 07:56

三菱重工業、1Qは受注高等で前期を下回るも想定の範囲内 固定費削減を継続して推進

小澤壽人氏:みなさまこんにちは、小澤でございます。
08/17 21:56

Crew Dragon、無事に地球へ帰還

SpaceXのCrew Dragon宇宙船が日本時間3日、国際宇宙ステーション(ISS)からNASAのロバート・ベンケン宇宙飛行士とダグラス・ハーリー宇宙飛行士を乗せて無事地球へ帰還した。
08/04 08:32

三菱スペースジェット納入問題 (5) 新型コロナウイルスが止めを刺すか?

三菱重工業はグループ全体で約8万人になる従業員のうち、約2千人を今秋までに配置転換する方針を固めた。
08/02 07:34

減便で格納期間が長引いたボーイング737、降下開始点以降でエンジン停止の可能性

米連邦航空局(FAA)は23日、ボーイング737を対象とした緊急の耐航空性改善命令(AD)を発行した。
07/27 08:40

三菱・スペースジェット、開発の行方は? (3) サプライチェーン構築と維持

航空機業界は高度な知識と技術が多くの分野で必要と言われてきた産業であり、「知識集約型産業」と呼ばれる。
07/02 07:52

三菱・スペースジェット、開発の行方は? (2) Y-X計画とボーイングの圧力

私が勤務していた隣の部屋が設計部門で、当時、Y-X計画が決まらず、人名辞典に載っているほどの設計士たちが、トランプをしたり手回しの機械式計算機を枕にして昼寝したりと、散々の様子を目にしていた。
07/01 11:55

三菱重工業、事業利益が赤字に転落 SpaceJet事業の損失等で前年度から大幅減少

泉澤清次氏(以下、泉澤):社長の泉澤でございます。
06/04 07:20

SpaceX、ISSへのクルー輸送に向けた有人テストフライトの打ち上げに成功

SpaceXは日本時間5月31日、Crew Dragon宇宙船による国際宇宙ステーション(ISS)へのクルー輸送に向けた初の有人テストフライト「Demo-2」を実施した。
05/31 21:36

ボーイング、737 MAXの生産を再開

ボーイングは27日、米ワシントン州レントンの工場で737 MAXの生産を再開したことを明らかにした。
05/30 20:44

ROE重視で有利子負債が重荷に(1/2) アメリカン航空、ボーイングの危機?

ROE(自己資本比率)は株式投資には重要な指標で、株主から得た資本を効率よく使っているかを見定めるものである。
04/30 18:37

ボーイングとエンブラエルとの事業統合、中止に

事業統合を目指して協議を行っていた米Boeingとブラジル・Embraerだが、協議はまとまらず事業統合は白紙になったようだ。
04/28 19:19

相場展望4月20日号 株式相場反発追うか?底をにらむか? 見極めの難所

・世界景気後退で原油など資源価格低下、行き場のないマネーが株式・債券市場に流入
04/20 09:20

相場展望4月14日号 米国株の高値は、FRBの支援によるもので盤石でない 新型コロナ収束の期間次第で今後が変わる

■I.米国株式市場 ●1.景気後退でも株高は、米連邦準備制度理事会(FRB)の大量資金供給と企業金融支援による
04/14 12:05

 1 2 3 4 5 6  次へ進む