NASAのニュース一覧

土星探査機カッシーニが撮影した土星のC環。土星の自転周期を推定するカギとなる。 (c) NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute

地球の自転周期は約23時間56分4秒だが、地球型惑星でない土星の自転周期を求めることは困難だ。 01/23 09:38

月周回衛星ルナー・リコネサンス・オービターが月のクレーターを年齢を観測する様子を示した模式図 (c) Rebecca Ghent, University of Toronto, and Thomas Gernon, University of Southampton

隕石が惑星や衛星に衝突して生まれるクレーター。 01/21 20:11

米航空宇宙局(NASA)は12日、マウスなどのげっ歯類を研究する「RR-8」プロジェクトにおいて、国際宇宙ステーション(ISS)など宇宙空間に年齢差のあるマウスを滞在させ、老化が病気の進行に及ぼす影響を調査すると報告した。 01/17 09:40

今回公開された軟X線光子のデータを使用して描かれた太陽コロナの全面画像。これまでにない新しい手法で描かた太陽像となる。(c) FOXSI-3 team

国立天文台などの研究チームは15日、観測ロケット「FOXSI-3」により取得した太陽から放射される詳細な軟X線データを公開した。 01/15 20:10

NASAが公開したオリオン大星雲。ドラゴンの形をしている。 (c) NASA/SOFIA

米航空宇宙局(NASA)は7日、運営する遠赤外線天文学成層圏天文台(SOFIA)がオリオン大星雲の立体構造を明らかにしたと発表した。 01/09 09:02

「インテリジェントポインティング機能」により雲を避けて観測することを確認した。(C)JAXA

昨年、日本各地で続いた猛暑日、酷暑日による健康被害などや、記録的な豪雨による災害により多くの被災者を出したことは記憶に新しい。 01/07 09:00

NASAのニューホライズンズ探査機は1日、予定通りカイパーベルト天体「2014 MU69 (愛称: Ultima Thule)」のフライバイを実行した。 01/06 22:02

日本国内のおもな地点における日食の予報(C)国立天文台

新年を迎えてすぐの1月6日、部分日食を日本全国で観察することができる。 12/29 16:24

アポロ8号に搭乗した元宇宙飛行士のウィリアム・アンダース氏が、人間を火星に派遣することについて「バカげている」と述べた。 12/27 22:53

NASAの探査機「インサイト」は、2018年12月19日に「地震計」を火星に設置した。宇宙船が「地震計」を別の惑星の表面にロボットで設置したのは今回が初めて。(C)NASA / JPL-Caltech

アメリカ航空宇宙局(NASA)の探査機「インサイト」には、火星での主要なミッションに使用する計測機器が3つある。 12/27 11:58

NASAが運営するハッブル宇宙望遠鏡が13日にとらえたウィルタネン彗星 (c) NASA, ESA, D. Bodewits (Auburn University) and J.-Y. Li (Planetary Science Institute)

16日に地球から約1,160万キロメートルの距離に最接近したウィルタネン彗星。 12/27 09:08

国際宇宙ステーション(ISS)の第56/57次長期滞在クルーを乗せたソユーズMS-09が20日、地球に無事帰還した。 12/22 23:28

土星探査機カッシーニによって撮像された土星 (c) NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute

米航空宇宙局(NASA)は18日、無人惑星探査機ボイジャー1号と2号からのデータに基づくと、土星の環がいずれ消滅するという研究成果を報告した。 12/21 09:08

大気が蒸発するホット・ネプチューン「GJ 3470b」の想像図 (c)  NASA, ESA, and D. Player (STScI)

太陽系以外の恒星を公転する惑星が初めて発見された1995年以降、約4,000個の太陽系外惑星の存在が明らかとなった。 12/18 21:42

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告