リモートワーク中にサボったことがある人、6割以上に

2020年7月11日 09:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

人材会社ビズヒッツが社会人約900人を対象に行った調査によると、リモートワーク中に仕事をさぼった経験のある人は63.3%ほどに上ったそうだ(ITmedia)。

何をしてサボったかという理由に関しては、YouTubeやSNSなどを見ていた、部屋にある漫画などに手を出していたという妥当な内容となっている。このほか、あとペットのかまってくれ攻撃に負けた人も結構いるようだ。

対策としては会社勤めしていたのと同じように時間管理するといったものが多く、その他の手段としてはフォーマルな洋服を着て、簡単に寝られないようにするといったアイデアもあった模様。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | 犯罪 | 通信 | 仮想化 | IT

 関連ストーリー:
ビジネスチャットで「うーん」や「ふむふむ」などの言葉は使うべきか 2020年07月04日
ローディングサークルを出してオンライン会議を離脱できるグッズ 2020年06月24日
ホンダでサイバー攻撃が発生か。リモート勤務ができないので有給推奨 2020年06月12日
製造業では見積書や注文書などのFAX送受信がリモートワーク導入を妨げている? 2020年05月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告