ラストワンマイルを担う宅配ロボット、官民合同協議会設立へ

2019年6月27日 07:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 maia曰く、

 物流のいわゆる「ラストワンマイル」を担う宅配ロボット(小型自動走行ロボット)の実用化を目指し、経済産業省は官民合同の協議会を立ち上げる方針で、6月24日に準備会合を行った(ロボスタ)。

 デモンストレーションに参加したのは、三菱地所からEffiBotとMarble(立命館大学のニュース)、Hakobot(ECのミカタ)、ZMPのCarriRo Deli、楽天から京東集団のUGV(BCN+R)の5機種。協議会にはヤマト運輸、日本郵便、セイノーホールディングス、楽天、警察庁、国土交通省、自治体なども加わる。

 EffiBotは配達人を自動追尾する方式だが、ほかはカメラ画像、GPS、LiDAR(レーザースキャナ)などを駆使して自律走行する。現在、三菱地所、日本郵便、立命館大学、慶應義塾大学などが建物内や敷地内で実験しているが、2020年には道交法が改正され、一部地域での実証実験が可能になるらしい(ビジネス+IT)。

 スラドのコメントを読む | 日本 | テクノロジー | ビジネス | ニュース | 政府 | ロボット

 関連ストーリー:
ピザを自動で焼きながら移動するビックアップトラック 2018年11月07日
ドミノピザの宅配ロボ「DRU」、オーストラリアで無人宅配に成功 2016年03月22日
小型ロボットカートによるご近所配送というアイデア 2015年11月06日
米連邦航空局、無人機宅配サービスは違法と明言 2014年06月25日
eBayのCEO、Amazonの無人飛行機宅配サービスを「ファンタジー」だと否定 2013年12月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボットヤマト運輸楽天慶應義塾大学経済産業省国土交通省警察庁日本郵便ZMP三菱地所立命館大学

広告