1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 慶應義塾大学(1)

慶應義塾大学のニュース一覧

ホヤの幼生に付着刺激を与えた時のカルシウムの動態(慶應義塾大学の発表資料より)

慶應義塾大学理工学研究科の研究チームは2月19日、海産動物「ホヤ」の鼻先にある付着器に刺激を与えると、カルシウムイオン濃度が上昇して、オタマジャクシ型の幼生期からパイナップル型の成体への変態が促されるとの研究成果を明らかにした。 02/25 08:20

ウイルス中和実験の概要。(画像: 慶應義塾大学の発表資料より)

抗体は、生物が細菌やウイルスを撃退ために体内で作り出す分子の1つであり、中でも、感染に重要な部位に結合し感染をブロックするものを「中和抗体」という。 02/21 07:35

TNIK阻害薬により骨肉腫を脂肪細胞へ変化させる様子(画像: 国立がん研究センターの発表資料より)

国立がん研究センター、慶應義塾大学などは5日、がんの1種である骨肉腫の細胞を無害な脂肪細胞に変化させることに成功したと発表した。 02/07 16:03

再現性が高く効率的な細胞培養の方法は、生命科学の分野における実験手法として非常に必要性が高い。 09/20 07:49

昨今の環境問題により、太陽光や風力などの自然エネルギー発電は多くの期待が寄せられている。 08/28 17:09

「藤城清治版画展」が、大丸東京店9階イベントスペースにて2020年8月12日(水)から8月18日(火)まで開催される。 08/02 18:05

超大質量ブラックホールと取り囲む電波天体の想像図 (c)  慶應義塾大学

天の川銀河の中心には「いて座A*」と呼ばれる電波天体が存在する。 05/13 16:42

人の大腸上皮は加齢とともに遺伝子変異が蓄積することで、大腸がんの原因となることがこれまでの研究で明らかになっている。 12/22 19:05

日本オラクルが「職場におけるAI」に関する調査。職場のAI利用、10カ国・地域で50%、日本は29%で最下位

既に世界の企業はビジネスのAI化に向けて動き出している。 11/27 09:21

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、新たなリレーショナルデータベース開発プロジェクトを進めているという。 10/25 09:07

今回の研究の概要。(画像: 東京農工大学の発表資料より)

東京農工大学の研究グループは5日、多価不飽和脂肪酸が腸内細菌により新たな脂肪酸に変えられ、それが人の代謝に影響を与えて肥満しにくくすることを発見し、その仕組みを解明したと発表した。 09/10 12:18

母親声条件と他者声条件における左下前頭回(a 白矢印)、右上側頭回(b 黒矢印)との脳機能結合。(画像:慶應義塾大学発表資料より)

生後まもない新生児において、母親の語りかけが脳の言語回路の形成を促すという事実を慶應義塾大学などの研究グループが明らかにした。 08/23 17:06

今年も盛況のうちに閉幕した、「NHK学生ロボコン2019」。未来の若手エンジニアが生み出したロボットたちが熱い戦いを繰り広げた

30年近い歴史を持つロボットの競技大会「NHK学生ロボコン」が、今年も5月に開催され、15年ぶり に京都大学から出場した「京都大学機械研究会」チームが大番狂わせで見事に初優勝を果たし、幕を閉じた。 07/15 17:33

物流のいわゆる「ラストワンマイル」を担う宅配ロボット(小型自動走行ロボット)の実用化を目指し、経済産業省は官民合同の協議会を立ち上げる方針で、6月24日に準備会合を行った。 06/27 07:28

 1 2 3 4  次へ進む

広告

広告