ロシア進出日系企業、18年は黒字見込み割合が72.8%と過去最高に ジェトロ調査

2019年2月19日 16:32

小

中

大

印刷

 日本貿易振興機構(ジェトロ)の発表によると、ロシア進出日系企業に関して、2018年は黒字見通しの企業が増える一方、2019年見通しでは改善と横ばいが拮抗する結果となっている。

【こちらも】日系企業のASEAN進出、有望国はベトナム 安価な労働力が魅力 日本公庫調査

■黒字見込みの企業は72.8%で過去最高

 18日、日本貿易振興機構(ジェトロ)が2018年度「ロシア進出日系企業実態調査」の結果を発表した。これは日本から直接、もしくは間接の出資比率が10%以上となる現地法人または支店を対象とした調査で、2013年から行っており今回は6回目。

 2018年の営業利益見込みでは「黒字」と答えた企業は72.8%、「均衡」は14.9%、「赤字」は12.3%だった。黒字と答えた企業の割合は、前回(2017年度)の66.3%を超えて過去最高を更新している。また2015年度の49.5%から3年連続で増加した。

■2019年見通しは「改善」と「横ばい」が拮抗

 2019年の営業利益見通しでは、「改善」が44.7%、「横ばい」が43.0%、「悪化」が12.3%となっている。前回調査と比較すると、改善が51.1%から減少し、横ばいが40.2%から、悪化が8.7%から、どちらも増加している。

 また、今後1~2年の事業展開の方向性については、「拡大」が53.5%、「現状維持」が45.6%、「縮小」が0.9%となっている。前回調査と比較すると、「拡大」が60.9%から、「縮小」が2.2%から減少し、「現状維持」が37.0%から増加している。

■ロシア市場のメリットとリスク

 経営上の問題点を尋ねたところ、「競合相手の台頭」「現地通貨の変動」「通関などの諸手続きが煩雑」「従業員の質」「原材料・部品の現地調達の難しさ」などが上位にあがっている。

 ロシア市場のメリットでは「市場規模/成長性」が78.1%と圧倒的で、2013年の調査開始以来6年連続でトップとなっている。その一方、「不安定な為替」「不安定な政治・社会情勢」「治安、テロ」「駐在員・家族の居住・生活トラブル」などがリスクとしてあがっている。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワード日系企業ロシア

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース