10月の第3次産業活動指数は改善、基調判断「持ち直しの動き」に 経産省発表

2018年12月13日 14:13

小

中

大

印刷

 経済産業省は、10月のサービス(第3次)産業活動指数が大きく改善したことから、9月に「足踏みがみられる」と変更した基調判断を、再び「持ち直しの動きがみられる」に戻した。

【こちらも】飲食やサービス業、仕入れ価格上昇も価格転嫁は困難 日本公庫調査

■10年前の最高値に並ぶ

 12日、経済産業省が10月のサービス(第3次)産業活動指数を発表した。10月の値は106.7で、前月比1.9ポイント増となり、2カ月ぶりの前月比プラスだった。この106.7は、直近高値だった5月の106.2を超えただけでなく、過去最高値だったリーマンショック(2008年9月)前の2008年3月の106.7と同値となっている。

■卸売、生活関連サービス、情報通信業などが好調

 好調だった業種では、卸売業が、製造業との取引や輸出入品取扱量が復調。生活関連サービスの娯楽業が、プロスポーツの観戦者数やゴルフ場の利用者が増加。情報通信業が、ゲームソフトや業務用ソフトが増加。一方、医療・福祉や事業者向け関連サービスが不振だった。

■基調判断「持ち直しの動き」に戻す

 指数が緩やかに上昇傾向が続いていたことから、基調判断は4月から8月まで「持ち直しの動きがみられる」だったが、9月は、8月の106.0から104.7と1.2ポイント減となったことで、「足踏みがみられる」と変更していた。しかし、10月には大きく改善したことで、再び基調判断を「持ち直しの動きがみられる」に戻している。9月の不調については、結果的に「自然災害の影響による一時的なもの」としている。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワード経済産業省第3次産業活動指数

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース