安倍首相、来春の3%賃上げ実現へ法人に税優遇策も

2017年10月27日 19:16

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は26日開いた経済財政諮問会議で「賃上げはもはや企業に対する社会的要請といえる」とし「来春の労使交渉においては、生産性革命をしっかり進める中で、3%の賃上げが実現するよう期待したい。経済界におかれては前向きな取り組みを是非ともお願いしたい」と3%の賃上げを実現するよう要請した。

【こちらも】定期昇給合わせ賃上げ4%程度要求へ 連合の春季交渉

 安倍総理は、これを後押しするとして「過去最大の企業収益を賃上げや設備投資へと向かわせるため、予算、税制、規制改革とあらゆる政策を総動員し、一丸となって、その環境整備を進め、年末に策定する新しい経済政策パッケージに反映したい」と述べた。賃上げ実現のために、一方で、法人税制など、優遇策を行うもよう。

 安倍総理は、この日の会議で「この4年間、今世紀最高水準の賃上げが続いている。安倍内閣では最低賃金をこの4年間で100円引き上げた。パートで働く方々の時給も過去最高となっている。こうした流れを更に力強く持続的なものとしていかなければならない」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
定期昇給合わせ4%程度要求へ 連合の春季交渉
三大都市圏 8月バイト時給上昇で最高更新 最低賃金引き上げ反映か
世界に先駆け生産性革命に挑戦すると総理
4月に賃上げを実施した企業は約8割 中でも中小企業ほど賃上げに取り組んでいる実態が浮き彫りに
物価上昇に後れを取らない賃上げ必要 安倍総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三法人税賃上げ

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース