日米同盟揺るぎない、首相確信を強調

2017年2月4日 11:52

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は3日、米国のジェームズ・N・マティス国防長官の表敬を受け「長い軍歴を持ち、安全保障政策、外交政策に通じているマティス長官の誕生を歓迎したい」と祝意を述べた。

 また安倍総理は「海兵隊員として、沖縄にも駐留経験があると承知しており、日本のおかれている状況についても、よく承知をされていると思う」と知日派の1人として信頼を寄せている旨を示した。

 安倍総理は「先般、トランプ大統領と電話会談した際に、マティス長官が最初の訪問先として、東アジア、日本を選んだことは米国が安全保障上も、同盟国として重視していることの現れであるという話もあった。マティス長官、トランプ政権との間においても日米同盟は揺るぎないということを内外に示していくことができることを期待しており、確信している」と日米同盟がトランプ政権の下でも変わらないことを信じていると強調した。

 また「稲田朋美防衛大臣との間でも信頼関係を構築していただいて、強固な関係をつくっていただきたい」と日米安保についても、防衛大臣同士、信頼関係の構築に努めてほしいと期待した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
日米防相会談で同盟関係確固たるものにと稲田氏
米国車が日本で売れないのは消費者の選択結果
首脳会談で日米同盟確固たる事発信が最大テーマ
2月10日に米国で日米首脳会談 日米関係深化図る
日米防相会談で安全保障環境の認識を共有したい

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三アメリカ日米同盟安全保障アジア稲田朋美沖縄県ジェームズ・マティス

広告

写真で見るニュース

  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース