自殺者数6年連続で減少、22年ぶりに2万2000人下回る

2017年1月31日 08:42

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

警察庁と厚生労働省によると2016年の全国の自殺者数は2万1764人で、6年連続で減少。ピークであった03年の3万4427と比較すると大幅に減少しているものの、自殺率は諸外国と比較すると依然として高い。

警察庁と厚生労働省によると2016年の全国の自殺者数は2万1764人で、6年連続で減少。ピークであった03年の3万4427と比較すると大幅に減少しているものの、自殺率は諸外国と比較すると依然として高い。[写真拡大]

写真の拡大

 警察庁と厚生労働省によると2016年の全国の自殺者数は15年と比べて2261人減少し、2万1764人であった。自殺者数は6年連続で減少しており、22年ぶりに2万2000人を下回った。男性が1万5017人、女性が6747人だった。

 動機は健康問題が1万63人、経済・生活問題が3234人、家庭問題が3053人、勤務問題が1839人という結果になった。健康問題については前年と比較すると1128人減少しており、厚労省自殺対策推進室は「かかりつけ医らによる、うつ病患者の早期発見・治療につなげる対策の結果がでているのではないか」と分析している。

 経済・生活問題では539人減少という結果となった。昨年11月には有効求人倍率1.41倍と、25年ぶりの高水準、失業率も3.1%と21年ぶりの低い水準を維持しており、雇用情勢の改善も自殺者数の減少に繋がったと思われる。

 年齢別では40歳代が3442人と最も多く、次いで50歳代が3345人、60歳代が3323人という結果となった。働き盛りであると同時に、健康上の問題も表面化する年代であることが要因だろうか。

 警察庁が自殺者数の統計を取り始めたのは1978年。97年までは年間2万人~2万5千人を推移していたが年々増加傾向にあり、98年からは3万人を超え、以降14年間の自殺者は3万人台を記録していた。過去最も自殺者が多かったのは03年の3万4427人であったので、ピーク時と比較すると1万2000人も減少しているので喜ばしい傾向ではあるが、諸外国と比較するとまだまだ自殺率は大きい。

 15年の10万人あたりの自殺率は日本が18.5%。韓国が28.9%と日本より多いが、米国は12.1%、中国が7.8%、イギリスが6.2%と先進国の中では自殺率が高い傾向にある。

 雇用情勢は改善しているものの、パワハラや長時間労働といった問題は後を絶たない。学校におけるいじめ問題もよくニュースになっている。年金を始め老後の生活の見通しも立てにくい情勢でもある。働き方の改善や、社会保障の充実が真の自殺防止に繋がるのでないだろうか。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
休息時間の規制の法制化を求める 連合
長時間労働の規制や過労死ゼロ目指す 蓮舫代表
過労自殺受け社長辞任意向、関係社員処分 電通
「抑うつ気分」、「死にたい気持ち」、「罪悪感」それぞれの重症度を示す血中代謝物が発見される
九大らがうつ病の重症度や自殺念慮に関連する血中代謝物を同定 客観的診断法開発への応用に期待

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード雇用イギリス厚生労働省有効求人倍率社会保障働き方かかりつけ医年金

広告