1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > イギリス(1)

イギリスのニュース一覧

19日、英半導体設計大手アームが米半導体大手エヌビディアに買収されることについて、英政府が安全保障上の懸念の有無を調査すると発表したことから、両社の動向に再び世界の注目が集まっている。 04/23 07:24

英国防参謀長のニック・カーター陸軍大将はスカイニュースとのインタビューで、2030年までに3万体近くのロボット兵士を導入する可能性があると話しているという。 03/20 08:14

画像はイメージです。

ロンドン大学衛生熱帯医学大学院は15日、感染力が他の新型コロナウイルスに比べて強いイギリス型変異株の致死率が、他のコロナウイルスに比べて、55%高いことが解ったと発表した。 03/18 17:23

日立製作所、3Qの売上収益は前年比+5% 日立化成売却による減益影響はあるもののパワーグリッド事業が堅調 

河村芳彦氏:本日はご多忙のところご参集いただきましてありがとうございます。 03/11 18:01

2月28日にイギリス上空に出現した大火球(画像: マンチェスター大学の発表資料より (c) The University of Manchester)

イギリスのマンチェスター大学は9日、大火球の破片を回収したと発表した。 03/10 07:32

エクスペディアが「有給休暇の国際比較調査」。2020年は世界的に有給休暇の取得日数が減少。原因はコロナ

日本の人口当たりの感染者数は欧米と比べるとケタ違いに少ない。 03/03 08:24

英最高裁は19日、配車・宅配サービス大手の「ウーバー(Uber)」の運転業務を行うドライバー等について、契約者ではなく従業員として扱われるべきとする判断を下した(AFPBB News、Bloomberg、ロイター、朝日新聞、日経新聞)。 02/25 17:41

中国で英BBCワールドニュースを放映することが禁止になったそうだ。 02/13 08:52

JATOが欧州の自動車市場についての最新レポート。12月はSUVのマーケットシェアは前年41.7%から40.2%に縮小

新型コロナ感染症の影響で未だ欧州の自動車市場は大きく停滞している。 02/09 08:22

潮汐矮小銀河(青)と渦巻銀河(グレースケール) (c) Hubble Space Telescope / ALMA

潮汐矮小銀河とは、銀河同士の衝突の際にガスの一部が潮汐力によって放出され、それらに沿って誕生した低質量銀河のことである。 01/27 16:51

アメリカにおける議事堂占拠という衝撃的なニュースが冷めやらぬなか、20日に行われる大統領就任式に備えてFBIが警戒を呼び掛けるなど予断を許さない状況ではあるが、バイデン政権がまもなくスタートすることになる。 01/18 08:37

電子顕微鏡観察により確認されたウイルス粒子(画像:国立感染症研究所報道発表資料より)

国立感染症研究所は4日、イギリスで猛威をふるう新型コロナウイルスの変異株(SARS-CoV-2変異株VOC-202012/01)の分離に成功したと、発表した。 01/06 17:11

2016年6月の国民投票から約4年半が経過した20年12月31日23時(日本時間2021年1月1日8時)、イギリスは欧州連合(EU)からの完全離脱を果たした。 01/04 16:54

EV普及に向けて東大グループらは「走行中ワイヤレス給電」に関する研究を進めている。写真は2020年国際カーエレクトロニクス展に展示された「第3世代走行中ワイヤレス給電インホイールモータ」。

世界共通の課題である地球温暖化。 01/04 09:27

さて、EUからの離脱を決めたイギリスは、これまで自由だったヒト・モノ・カネの移動、そして、貿易、農業や漁業に関して、それぞれ個別に取り決めをする必要がある。 12/27 08:03

イギリスでは感染力の強い新型コロナウイルスの変異種が猛威を奮っており、12月26日からロックダウンの対象地域を拡大することになっているが、そんなイギリスにおけるもう1つの大きな懸念であった、EUとの離脱後の通商交渉がようやく合意に至った。 12/26 20:31

世界のEV市場では、日本の自動車メーカーは残念ながら、現状ではヨーロッパや中国のメーカーに少し遅れを取ってしまっている状況だ

コロナ禍においても尚、電気自動車(EV)市場が飛躍的な拡大を続けている。 12/20 17:13

英国イングランドで、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新種の感染拡大が広まっているという。 12/17 17:22

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告