チーム・トヨタ、世界ラリー選手権、復帰第1戦で2位に入賞

2017年1月23日 16:52

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

WRC緒戦「ラリー・モンテカルロ」2位でフィニッシュした、TOYOTA GAZOO Racingの「ヤリスWRC」ドライバーのミーカ・アンティラ(左)とヤリ-マティ・ラトバラ(右)

WRC緒戦「ラリー・モンテカルロ」2位でフィニッシュした、TOYOTA GAZOO Racingの「ヤリスWRC」ドライバーのミーカ・アンティラ(左)とヤリ-マティ・ラトバラ(右)[写真拡大]

 TOYOTA GAZOO Racingは18年ぶりのWRC復帰第1戦で2位に入賞し、表彰台を確保した。1月22日の日曜日、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)開幕戦ラリー・モンテカルロの最終日“デイ4”がモナコを中心に行なわれ、トヨタチームのヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC、カーナンバー10号)が2位でフィニッシュ。ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC、同11号)は16位、完走を果たした。

 ラリー・モンテカルロ最終日の“デイ4”は、モナコの北側に広がるフランスの山岳路が戦いのステージだ。SS16で観客の安全確保ができないという理由でキャンセル。そのため、最終的に3本のSSで戦われることになった。ラリー・モンテカルロでは最終日に“何か”が起きることが多いセッションだ。とくに難所チュリニ峠は、過去に多くの上位選手がリタイアするなど劇的なドラマの舞台となってきた。そのためTOYOTA GAZOO Racingのクルーは、フィニッシュまで集中力を絶やすことなく全力で走行。2位につけていたライバルがマシントラブルで遅れたこともあり、ラトバラは前日よりもひとつ順位を上げ、トヨタのWRC復帰第1戦を2位という上々の結果で締めくくった。

 なお、WRC緒戦、ラリー・モンテカルロの1着は、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア(フォード フィエスタ WRC)、3着はオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ(フォード フィエスタ WRC)で、欧州フォード勢が強さを見せつけた。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、1月19日開幕のWRC参戦に向けてマシン公開とメッセージを──オートサロンで
トヨタ、世界ラリー選手権に復帰、あのトミ・マキネン氏を監督に優勝を狙う
「東京オートサロン2017」への参加メーカーの出展概要が分かった!
トヨタ、デザインと走りに徹底的にこだわった「TNGA第2号車」C-HR発売
トヨタ、社員による走行距離2万kmにおよぶ“5大陸走破プロジェクト第3弾”を南米で開始

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ欧州フォードフランス世界ラリー選手権

関連記事