中韓と関係強化、日露平和条約交渉進める―安倍晋三首相

2016年8月4日 18:02

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

安倍晋三総理は第3次安倍第2次改造内閣発足での会見で、外交・安全・沖縄問題について、外交では岸田文雄外務大臣の留任をあげ「これまでの経験や人脈を生かし、引き続き岸田大臣に務めていただく。中国、韓国など近隣諸国との関係強化、日露の平和条約交渉も着実に進めていく」と述べた。

 安全保障では3日朝にも北朝鮮の弾道ミサイルが日本の排他的経済水域に着弾したことなどに触れ「我が国の安全保障に対する重大な脅威。許しがたい暴挙であり、米国、韓国をはじめ、国際社会と緊密に連携しながら毅然と対応していく」としたうえで「安全保障環境が厳しさを増す中にあって、政調会長として自民党の政策立案の司令塔だった稲田朋美さんに防衛大臣として我が国の安全保障政策を担ってもらう」とした。

 また沖縄については「抑止力の維持を図りながら、基地負担を軽減する」とし、菅義偉官房長官に担当大臣として全力であたってほしい旨語った。

 また安倍総理は自民党総裁として、党内人事について「入院中の谷垣禎一前幹事長については意向を尊重し、交代して頂くこととした。いかなる困難においてもリーダーシップで党を一糸乱れずまとめ上げてくださった。本当に感謝している。一日も早く快復して、自民党のため、日本国のために力を貸していただきたい」と冒頭に語ったうえで「

二階俊博幹事長、細田博之総務会長、茂木敏充政調会長、古屋圭司選対委員長と盤石の体制を築くことができた」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
「ごりごりのタカ派」が防衛大臣 社民幹事長
中国でのG20首脳会議で国際法遵守訴えを
大使館前の慰安婦像撤去は重要な要素 稲田氏
東村長はヘリパッド建設賛成で立候補、当選した
韓国政府 元慰安婦支援財団設立 日本近く拠出

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三中国韓国北朝鮮米国岸田文雄弾道ミサイル安全保障稲田朋美自民党二階俊博菅義偉官房長官

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース