かに座周辺に太陽の100兆倍以上の質量を持つ暗黒物質のかたまり9個が発見される

2015年7月6日 15:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 宇宙の質量の大半は「暗黒物質」によって占められていると言われているが、国立天文台や東京大などの研究チームがこの暗黒物質が宇宙内でどのように分布しているのかを調べた研究結果を発表した(毎日新聞47NEWS産経新聞)。

 米ハワイ島のすばる望遠鏡で撮影したデータを解析したところ、かに座周辺に太陽の100兆倍以上の質量がある暗黒物質のかたまりが9つあることが分かったという。これは従来の理論予想よりも多かったそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
欧州宇宙機関、太陽探査機を2017年打ち上げ予定 2011年10月08日
ダークマターの存在に疑問、キーワードはガス状銀河 2011年03月01日
暗黒物質に迫るXMASSが完成、11月から試験稼働開始へ 2010年10月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国立天文台すばる望遠鏡ダークマター暗黒物質欧州宇宙機関