三井住友海上火災、サイバー保険提供 エイネットのWeb会議システムと提携

2020年8月8日 17:24

あるAnonymous Coward 曰く、 三井住友海上火災保険がWeb会議向けの専用サイバー保険を提供するそうだ(マイナビ)。

この専用サイバー保険はエイネットのWeb会議システム「Lite FreshVoice」と組み合わせて提供されるもので、同サービスを利用中に会議内容の漏洩やサイバー攻撃が起きた場合、情報漏えい等による損害賠償にかかる費用、原因調査費用、サーバー復旧費用などが保険の補償として提供されるとのこと。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | ビジネス | セキュリティ

 関連ストーリー:
COVID-19から生還したアメリカの70歳男性、112万ドルの請求書を送りつけられる 2020年06月16日
「セックス禁止令」などと揶揄されるイングランドの健康保護規則改正、警察が寝室に踏み込むことはない 2020年06月06日
「置き配」で配送された商品が盗まれたとの相談が増加 2020年05月11日
タクシー会社が従業員を一斉解雇、休業補償よりも失業手当の方が大きいとの判断? 2020年04月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

スラド

関連キーワード

三井住友海上サイバー攻撃