サイバー攻撃のニュース一覧

Kasperskyが、サイバー攻撃者によって使われているという新しい攻撃ツール「TajMahal」(タージマハル)について紹介している。 04/17 21:19

北朝鮮のハッカーが世界中の金融機関を狙ってサイバー攻撃を行い不正に金銭を得ていると報じられている。 03/18 21:27

2016年11月に国連・国際民間航空機関(ICAO)のサーバーがサイバー攻撃を受けて乗っ取られ、数か月の間、政府や航空会社のコンピューターにマルウェアを拡散させていたことが分かった。 03/12 13:05

政府が電力会社の発電システムや新幹線の運行情報といったインフラに関する重要な電子データについて、国内のサーバーで保存するよう各社に要請するという。 01/04 09:46

セキュリティソフトウェアを手がけるマカフィーが、「2018年の10大セキュリティ事件ランキング」を発表した。 12/13 20:59

米国財務省・外国資産管理室(OFAC)が、犯罪で使われていたビットコインアドレスを特定し、経済制裁の対象として公表した。 12/03 22:17

「MIRAIPO CHALLET」のチャット機能のイメージ。(画像: アイフリーク モバイルの発表資料より)

アイフリーク モバイル(福岡県福岡市)は、仮想通貨ウォレット「MIRAIPO CHALLET(ミライッポ チャレット)」の正式版の提供を開始した。 12/02 11:46

オンライン脅威の予防や検出、そして対応などに対し、米軍の役割はますます重要となってきている。 11/14 13:29

世界200万件以上のWebサイトにトラッキングコードを設置してブラウザーやOSのシェアを集計するStatCounterがサイバー攻撃を受け、暗号通貨取引サイトGate.ioのユーザーをターゲットにするスクリプト改変が行われていたそうだ。 11/10 19:40

米司法省は10月30日、機密情報を盗もうとした疑いで、中国国家安全省の高官らや共謀者など10人を起訴した。 11/06 09:21

今年9月、仮想通貨取引所「Zaif」がサイバー攻撃を受けて多額の仮想通貨を流出させる事件があった。 11/06 09:15

活発に需要を伸ばしているサイバーリスク保険。躍進の背景には、大手企業が中小企業にサイバー攻撃対策を求めていることと、20年東京五輪開催地の日本がサイバー攻撃の標的になるんじゃないかという不安がある。

損害保険の国内市場は完全な頭打ち状況にあるが、その中で活発に契約の拡大を続けている保険商品がある。 10/23 08:48

9月20日、テックビューロ(大阪市)は仮想通貨約67億円(翌日70億円相当に修正)が流出し、うち45億円は顧客資産だったと発表した。 09/27 16:49

海賊版サイトへの対策として日本IT団体連盟が「海賊版サイトをブロックするのではなくサイバー攻撃しろ」と提案していたが、これに対し日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)が5日、反対意見を表明した。 09/12 22:40

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告