ホーム > ニュース一覧 > 宇宙技術・天体(6)

宇宙技術・天体のニュース(ページ 6)

小惑星の衝突から地球守る実験ロケット「DART」、11月24日打ち上げ NASA

”DART(Double Asteroid Redirection Test:ダート)とは、ウィキペディアによれば、「アメリカ航空宇宙局(NASA)によって計画されている、小惑星が地球に衝突するリスクに備え、宇宙機を衝突させて小惑星の軌道変更を実験するミッション」である。
11/24 11:13

月面で初めて二酸化炭素のコールドトラップを確認 米国での研究

アルテミス計画により人類を再び月面に送り込むミッションの目標時期は、2024年から延期されたが、一方で月面基地の建設や、その基地から人類が宇宙に飛び立つための後押しとなるような研究結果も報じられている。
11/18 08:09

米国、ロシアの宇宙ミサイルテストを非難 大量のスペースデブリが発生

11月15日、国際宇宙ステーションの乗組員たちは、予期せぬ大量のスペースデブリが発生した影響により、緊急避難体制をとることを余儀なくされたと、複数のメディアが報じた。
11/17 11:07

宇宙ベンチャーのSpinLaunch、回転アーム用いたロケット打ち上げ実験に成功

SpinLaunch社は、遠心分離機のような仕組みでロケットを軌道に乗せるための発射システムを開発している宇宙スタートアップ企業。
11/16 11:33

NASA、アルテミス計画の月着陸を2024年から「2025年以降」に延期

NASAは9日、2024年に計画していたアルテミス計画における有人月面探査を延期して2025年以降にすると発表した。
11/12 08:24

神奈川大のハイブリッドロケット、高度10.7kmに到達

9月19日、神奈川大学の航空宇宙構造研究室(工学部 教授 高野敦)と宇宙ロケット部は、秋田県能代市旧落合浜海水浴場にてハイブリッドロケット(Wikipedia)を打ち上げ、到達高度10.7km(速報値)となった。
11/10 08:21

39億年前に起きた、激しい小惑星爆撃の謎 月の石から解明 独ミュンスター大学の研究

独ミュンスター大学らの研究グループは、アポロが月から持ち帰った石のサンプルを分析し、今からおよそ39億年前に月面に多数降り注いだ、小惑星の嵐に関する研究結果を公表した。
11/10 07:55

火星の資源を用いたロケット用バイオ燃料の製造技術 米ジョージア工科大学の研究

米ジョージア工科大学は、火星において、現地の資源を活用してロケット燃料を作り出す技術に関する研究結果を、発表した。
11/04 15:12

11月19日に部分月食 観測の仕方 楽しみ方は?

11月19日の夕刻から日本全国で部分月食が見られる。
11/03 16:22

X線望遠鏡によって銀河系外惑星を発見 ハーバード&スミソニアン天体物理学センター

太陽系外の惑星は4,841個(2021年10月1日時点)発見されているが、話が銀河系外の惑星となると、従来の手法は全く通用しないため、発見は困難であると考えられてきた。
10/26 16:19

太陽系外で見つかった地球型惑星同士の衝突の痕跡 MITの研究

米マサチューセッツ工科大学(MIT)は、地球から95光年離れた惑星「HD172555」において、惑星同士の衝突が発生したことを示す痕跡の、間接的な証拠を得たと発表した。
10/25 17:10

NASA、月面向けネットワーク「LunaNet」アーキテクチャを開発

NASAは6日、アルテミス計画での月面ネットワーク構築のため、独自の通信フレームワークであるLunaNetアーキテクチャを開発したと発表した。
10/22 17:30

超低周波重力波の謎、パルサータイミングアレイから解明へ 英バーミンガム大

パルサータイミングアレイ(Pulsar timing array, PTA) とは、自転周期が非常に短い(1ミリ秒から10ミリ秒の間)ミリ秒パルサー群からの電波を同期観測することによって、重力波の検出を行う手法である。
10/20 16:21

月の火山活動は20億年前に終わっていた 米ブラウン大学の研究

これまで人類が月面から持ち帰った石は、アメリカのアポロ計画と旧ソ連のルナ計画によるものだ。
10/20 08:14

ソユーズMS-18、地球帰還前のテストで国際宇宙ステーションを傾ける

ロシアの映画監督と俳優を含む 3 人のクルーを乗せたソユーズ MS-18 は日本時間 17 日 13 時 35 分に国際宇宙ステーション (ISS) から地球へ帰還し、帰還用カプセルがカザフスタンに無事着陸したが、帰還に先立つエンジンテストでは ISS を傾けるトラブルが発生していたそうだ。
10/18 11:48

欧州宇宙機関、惑星防衛調整室を新たに発足

欧州宇宙機関(ESA)は11日、惑星防衛調整室を新たに発足させたことを発表した。
10/13 07:57

ロシアの映画監督と俳優がISSに到着、史上初の宇宙での映画撮影に挑戦

国際宇宙ステーション(ISS)で映画の撮影をするため、女優と映画監督が「Soyuz MS-19」に乗り込みロシアから打ち上げられたそうだ。
10/12 18:30

小惑星帯で発見された珍しい彗星 米国惑星科学研究所

彗星と言えばハレー彗星に代表されるように、従来の常識では長い公転周期の楕円軌道を描きながら、太陽系のはるかかなたの冷たい世界から、時折太陽に接近して長い尾の雄姿を示す存在と考えられてきた。
10/05 07:21

ESAとJAXAの水星探査「ベピコロンボ」、最初の水星接近画像公開

欧州宇宙機関(ESA)は2日、鮮明な水星の表面接近画像を公開した。
10/04 17:07

惑星状星雲の観測データを用いた系外銀河の研究 英ハートフォードシャー大学

少しでも天文学について、かじったことのある人ならば惑星状星雲と聞けば、銀河系内にある美しい姿をした天体をイメージできるであろう。
10/02 16:25

NASAの火星探査、地球からの直接制御ができない期間に 10月2日から2週間

NASAのジェット推進研究所は28日、10月2日から10月16日にかけての2週間は、地球と火星との間の電波による通信手段が断たれるため、火星における探査活動が地球から直接制御できない期間となることを公表した。
09/30 11:45

米宇宙軍、正装用とトレーニング用制服の試作品を公開

21日に米宇宙軍が着用する制服のデザインとその試作品が公開された。
09/29 11:29

冥王星の大気圧が変動 恒星食の観測から要因を推測 中東での研究

掩蔽(えんぺい)とは、ウィキペディアによれば「ある天体(A)が観測者と他の天体(B)の間を通過する際に、その天体(B)を隠す現象である」、とされている。
09/23 11:27

アルテミス計画でのローバーによる月面探査 NASAが詳細を公開

アルテミス計画は、米国が中心となり、EU、カナダ、オーストラリア、日本などの国々が連携して、再び月に人類を送り込むミッションだ。
09/22 16:08

中国の宇宙ステーションに3カ月間滞在した宇宙飛行士、地球に帰還

中国の宇宙ステーション「天宮」の天和コアモジュールに3か月間滞在していた3人の宇宙飛行士が17日、無事地球へ帰還した。
09/20 11:36

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む