ホーム > ニュース一覧 > 経済 > 経済一般 > 内部留保(1)

内部留保のニュース

N・フィールド上場廃止に接し、創業者:野口氏の意思継続を切に望む

6月18日、東証1部のN・フィールドが上場廃止となった。
09/16 16:50

コロナ(企業)の再々上方修正を「嬉しく感じた」理由

4月23日、妙に嬉しくなる「上方修正」を知った。
05/03 16:11

経産省が「攻めのIT経営銘柄(DX銘柄)」を選定する目的と投資価値 前編

経済産業省と東京証券取引所は、2015年より共同で「攻めのIT経営銘柄」を選定しているが、2020年より名称が「DX銘柄」に変更されたものの、その取り組みは今もなお継続している。
04/20 07:30

政府が推薦する銘柄!? 「攻めのIT経営銘柄」が「DX銘柄」に変わったワケ 後編

2012年12月より始まったアベノミクスは大規模な金融緩和からスタートしており、株高が圧倒的に進むことになった。
04/13 16:59

キユーピー、下期は販管費等の抑制により増益に転じたものの、通期の営業利益は前年比-37億円

井上伸雄氏:2020年度の概要についてご説明いたします。
02/04 08:05

100円ショップ「セリア」が10期連続増配に大手をかけた背景

セリア。100円ショップ業界で第2位。順調な収益動向が続いている。
12/18 07:59

ブリヂストン、費用抑制に努めるも需要減に伴う販売数量の大幅な減少を主因として3Qは減収減益

菱沼直樹氏:財務を担当しております菱沼でございます。
12/15 09:16

売上2位も営業利益・率首位、イエローハットが10期連続増配計画

4月30日付けの企業・産業欄に、『業界2位イエローハットが営業利益・営業利益率で1位を凌駕している理由』と題する原稿を投稿した。
12/09 17:01

投資に役立つROEとROA

企業の財務状況や業績などで判断し、企業の価値を分析するのがファンダメンタルズ分析である。
11/07 09:37

ブリヂストン、2Qの調整後営業益は前年比68%減 販売数量の大幅な減少や加工費の悪化が主因

菱沼直樹氏:財務を担当しています菱沼でございます。
09/03 18:11

FRBの政策目標変更とゼロ金利政策の弊害 後編

さらに、FRBの政策目標の変更が、思いのまま物価上昇につながるかといえば疑問が残る。
08/31 16:35

NTTドコモ、第29回定時株主総会を開催 新時代の成長に向けスタートを切る

吉澤和弘氏(以下、吉澤):当社は、今年度を2020年代という『新時代の成長に向けたスタートの年』と位置づけ、「3つの柱」と、それらを支える「構造改革」に取り組む一年とします。
07/02 18:44

新型コロナで分かった副業とリスク分散の重要性

新型コロナウイルスによる経済的打撃は、我々の生活にも及んでいる。
06/11 06:33

ゆうちょ銀行、通期は増収増益 当期純利益は2,730億円で前年比+2.5%

池田憲人氏:ゆうちょ銀行の池田です。
06/04 07:21

マツダ、ホンダ、日産、生き残れるのか? (15) 融資トヨタ1兆、日産5千億、マツダ3千億

自動車大手が、金融機関に融資枠の確保を申し入れている。
06/03 06:50

日本新聞協会や民放連、NHK受信料の引き下げを求める

新聞社やテレビ・ラジオ放送局などが会員となっている日本新聞協会が、NHKに対し受信料引き下げを求める意見を表明した。
05/25 21:09

セブン銀行、増収増益 社会インフラとしての既存事業を強化しつつ新事業注力

舟竹泰昭氏:みなさまこんにちは、セブン銀行の舟竹です。
05/13 17:20

同一労働同一賃金スタート! 正社員の収入が大幅ダウンとの噂の真相は?

2020年4月1日、いよいよ大手企業にて「同一労働同一賃金」がスタートした(中小企業は翌年からの導入)。
04/03 11:13

キヤノンの浮沈のカギを握るメディカル事業の次の一手は?

キヤノンは11月1日、『キヤノングループにおけるメディカル事業強化に向けた事業再編について』という見出しのニュースリリースを配信した。
12/03 18:00

大企業の景況判断、3四半期ぶりマイナス

内閣府と財務省が12日発表した法人企業景気予測調査(今年1月~3月期調査)で大企業全産業の景況判断指数がマイナス1.7になった。
03/13 08:53

 1 2  次へ進む