「経済最優先でデフレ脱出速度をあげる」自民・二階氏

2017年1月2日 12:19

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 自民党の二階俊博幹事長は1日、年頭所感を発表。「わが党が政権に復帰して4年、雇用は110万人増え、賃金は今世紀最高の水準で上昇、有効求人倍率は史上初めてすべての都道府県で1倍を超えるなど、アベノミクスは確実に結果を生み出している」としたうえで「引き続き経済最優先で、デフレからの脱出速度を更に上げていく」とした。

 また「誰もが能力を発揮できる一億総活躍社会を創り上げ、日本経済の新たな成長軌道を描いていく」とアピールした。

 二階幹事長はTPP、年金に関する重要法案が成立したことに触れ「自由貿易こそが国の成長の源泉」とするとともに「将来にわたり年金制度を維持していくこと等、国民の皆様に丁寧に説明しながら着実に実行していく」と理解を得る努力を続けるとした。

 また、二階幹事長は「自由民主党と公明党の連立政権が一致結束して着実に政策を実行し、結果を出していくことで、わが党に対する国民の皆様の期待と信頼につなげていく」と公明党との連携強化への意識を強くうかがわせた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
「GDP600兆円へ道筋つける」経団連会長
【2016振り返り】2016年外食チェーン店の攻防
経済の好循環回す鍵は「賃上げ」安倍総理が要請
“ビール税一本化”が見送られた理由、昨年は「参院選に配慮」だったが今回は?
月末金曜は午後3時終業へ 経団連会長意欲示す

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード雇用アベノミクス自民党二階俊博有効求人倍率TPP(環太平洋経済連携協定)年金一億総活躍

関連記事

広告