働き方改革、多様性の実現は「不可能」5割超 「可能」は1割

2019年10月10日 09:13

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

Insight Techが「働き方改革」をテーマについてアンケート。関心の高いテーマは「有給義務化」25%が最多。「多様な働き方ができる社会」という改革理念の実現は「可能」12%、「不可能」53%。

Insight Techが「働き方改革」をテーマについてアンケート。関心の高いテーマは「有給義務化」25%が最多。「多様な働き方ができる社会」という改革理念の実現は「可能」12%、「不可能」53%。[写真拡大]

写真の拡大

 長時間労働の是正に端を発する働き方改革は既に多くの職場で取り組みがなされている。働き方改革の最終的な目的は一億総活躍社会を実現することであり、ライフ・ワーク・バランスの確立や多様性の実現など多くの派生的なコンセプトに広がりを見せ、国民間に大筋の合意が形成されてきたと言える。

 実績についてはまだら模様とも言え、労働時間の短縮や女性、高齢者の雇用拡大に一定の成果が見られる一方で管理職に業務が集中しているなどの問題点も指摘されている。また、テレワーク制度を導入する企業も増えてきているものの、その利用率は極めて低い状態のままであるなどテーマごとで改革の進捗にバラツキが見える。

 ITコンサルタント業のInsight Techが自社サイトを利用する男女1253名を対象に「働き方改革」をテーマにアンケート調査を実施、9月25日にその集計結果を公表している。

 働き方改革についての知識について聞いた結果では、「改革案の内容を詳しく知っている」と答えた者は3%、「大体の改革案の内容を知っている」が18%、「いくつかの改革案内容を知っている」は40%で、具体的に内容を知っている者は61%となっている。

 「働き方改革の取組みの中で、気になるテーマは何か」と1つだけ答えてもらった結果では、「年次有給休暇付与の義務づけ」が25%で最も多く、次いで「雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保」が21%、「時間外労働の上限規制」20%の順となっている。

 「今後、働き方改革の目標(働く者の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く者1人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすること)の達成は可能だと思うか」という質問に関しては、「思う」と答えた者は12%のみで、「わからない」が35%、「思わない」が53%と半数超えの者が目標は達成されないと思っているようだ。

 自由記述欄をみると「残業」、「給料」、「有給」といったワードが多く見られ、「中小企業では実施が難しい」という意見が目立った。また、「収入が減る」、「仕事量が変わらない」、「サービス残業が増える」などの文章が多く、目標の達成よりも収入の減少や労働負荷の増大を懸念している者が多いようだ。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
超スマート社会に向けて動き出した日本。ブロックチェーンで賃貸物件の内覧もスマートに?
過労死等、請求件数増加。支給決定減少。「嫌がらせ、いじめ等」が原因
保育園・託児所市場、公的資金投入で拡大傾向。人材確保困難で慎重な動きも
外国人労働者、10年で約3倍。賃金差別無し。コミュ力ある企業で定着率良好
積水ハウス、ダイバーシティ推進策強化、事実婚・同性婚を認める組織に進化

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード働き方改革時間外労働中小企業一億総活躍有給休暇残業

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース