1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 環境・エコ
  4.  > 太陽電池・太陽光発電
  5.  > 太陽光発電(5)

太陽光発電のニュース(ページ 5)一覧

「リーフ」のリチウムイオン電池開発を行ってきた日産自動車出身で慶應義塾大学大学院の堀江英明特任教授と、三洋化成工業は、2021年秋にも、「全樹脂製」リチウムイオン電池の生産を開始するとした。 02/15 07:59

自社物件の「卒FIT」オーナーに向けて電力買取を行い、自社の事業用電力に活用する「積水ハウスオーナーでんき」

2019年11月から、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の買取期間が順次終了を迎え始める、いわゆる太陽光発電の「2019年問題」だ。 02/03 23:30

これで日本が抱える原発絡みのインフラ輸出は皆無となった。 02/01 09:45

開発システムの概要(富士通発表資料より)

富士通と富士通研究所は共同で、工場や店舗などが自家発電や節電で生み出した余剰電力を、ブロックチェーン技術を利用することで、電力需要家どおしが直接取引きできるシステムを開発した。 01/31 12:26

経済産業省が、2019年度の再生可能エネルギー買い取り価格を20%ほど引き下げることを決めた。 01/12 12:52

帝国データバンクの発表によると、太陽光関連業者の倒産件数が2018年は95件となり、5年連続で増加していることが分った。 01/10 17:37

関西電力、エリーパワー、三社電機は17日、効率的なエネルギー基盤の構築を目指し、「バーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業」の枠組みにおいて、家庭用蓄電池を活用した電力系統の安定化に活用する取組みを開始すると発表した。 12/18 20:32

新開発の「アクアテック塗装」システム(画像: マツダの発表資料より)

12月6日~8日の3日間、東京ビッグサイトで、産業環境管理協会と日本経済新聞社の主催で開催される環境展示会「エコプロ2018 ~SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」に、国内自動車メーカーも参加している。 12/06 20:26

中部電力とデンソーが開発した、HEMSからエコキュートや全館空調を自動制御し電力需要調整するシステムが以前話題になったが(過去記事)、このようなデマンドレスポンスサービスの1つである「CO-エネ」が2019年2月1日より開始される。 12/04 23:03

フランスは「脱原子力」を進めているが、このたびそのペースを若干緩める方針をマクロン大統領が示したという。 12/01 15:37

東急不動産HD、上期は減収減益も、通期計画における進捗は順調 6期連続増配を予定

大隈郁仁氏:本日は当社決算説明会にご出席をいただきまして、誠にありがとうございます。 11/28 23:03

開発された透けて曲がる電池とLED点灯の様子。(画像:日本電信電話発表資料より)

電池というものの新たな世界が拓けるかもしれない。 11/27 10:58

NYKスーパーエコシップ2050。(画像:日本郵船発表資料より)

日本郵船は、水素による燃料電池と太陽光発電によって航行する、二酸化炭素排出ゼロ(ゼロエミッション)を目標とする自動車専用船の新コンセプト船、「NYKスーパーエコシップ2050」を発表した。 11/15 16:34

2019年よりFIT余剰電力買取制度が順次終了。富士経済がFIT対象住宅の現状と太陽光住宅の動向について調査

2019年11月からFIT(固定価格買取制度)が終了する太陽光住宅が出始める。 11/14 09:23

サービスの概要(イオン発表資料より)

イオンと中部電力は12日、国が導入した固定価格買い取り制度(FIT)が終了した家庭の太陽光発電で出た余剰電力をイオングループの店舗で使用する方針を明らかにした。 11/13 08:29

豊田通商と中部電力が、電気自動車のバッテリを電力系統に接続し、電気自動車から電力を電力系統に給電する実験を行う。 11/12 22:27

再生可能エネルギーによる電力供給が増えている九州電力管内では、供給が需要を上回る事態がたびたび発生している。 11/06 23:09

京都に本社を置く日本電産、京セラ、ローム、村田製作所の電子部品「京都4社」は、このセクターで日本を代表する主要メーカーである

京都に本社を置く日本電産、京セラ、ローム、村田製作所の電子部品「京都4社」は、このセクターで日本を代表する主要メーカーである。 11/04 17:02

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む