1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 環境・エコ
  4.  > 太陽電池・太陽光発電
  5.  > 太陽光発電(4)

太陽光発電のニュース(ページ 4)一覧

ヤマダ電機と大塚家具のロゴ(ヤマダ電機発表資料より)

ヤマダ電機は、7月19日にリニューアルオープンする「インテリアリフォームYAMADA前橋店」を大塚家具とのコラボ店とし、大塚家具商品の販売を開始する。 07/17 17:53

安川電機(6506)は11日大引け後、2020年2月期第1四半期(3月~5月期)決算を発表。 07/15 08:51

協定の一つである、富山市の持続可能な交通網形成に向けた取り組み(北陸電力発表資料より)

富山市と北陸電力は、富山市の持続可能な街づくりを推進するため、「SDGsの推進に関する包括連携協定」を締結した。 07/02 19:11

日産のEV、リーフとカナディアン・ソーラーの次世代エネルギー蓄電パッケージを組み合わせた新たなソリューション「SOLIEV RIDE」の導入イメージ

日産自動車と住宅・産業向け太陽光発電システムを販売するメーカーのカナディアン・ソーラー・ジャパンは、電気自動車「日産リーフ」と太陽光発電商品による新たな協業を行なうことで合意したと発表。 06/05 12:15

N3 エヌキューブ。(画像:NTN発表資料より)

言うなれば取り回しのいい小型の発電ユニットと言ったところか。 06/02 22:04

CO2排出ゼロの水力発電由来の電力を販売する東京電力の料金プランである「アクアプレミアム」を、群馬製作所本工場(写真)および東京事業所で導入し、約1万トンのCO2の削減を見込む

SUBARUは、新たな二酸化炭素(CO2)排出量削減の取り組みに着手し、グループ各社が直接排出するCO2に関して、2020年度までに年間排出量の約3%に相当する約2万トンのCO2を削減する目途が立ったと発表した。 06/02 19:32

日本においては、一般家庭において太陽光発電などで発電された電力を電力会社が政府の定めた価格で買い取る固定価格買取制度が2009年11月より導入されている。 05/27 21:57

四国電力株式会社ならびに株式会社四国総合研究所は、家庭に設置された電気給湯器の湯沸かし運転に太陽光発電電力を用いる遠隔制御実証試験を実施することを発表した。 05/24 20:07

従来材料(上)と自己修復材料(下)で充電を繰り返した場合の違い。(画像:東京大学発表資料より)

電池には寿命というものがある。 05/20 07:52

アキュラホームが発売を開始した「ミライの家」は、ZEH+仕様の省エネ性能に加え、全館空調、800万円相当の大容量40kWh蓄電池、電気自動車まで付いた、超高コストパフォーマンス住宅だ。

桜の季節が過ぎ、日ごとに暖かさが増してくると、目や耳にする機会が多くなるのが「省エネ」の3文字だ。 04/28 22:12

今回新たにトヨタが元町工場に導入した小型水素ステーション「SimpleFuel」、概ね1日あたり燃料電池フォークリフト7台~8台分の水素が充填できる

トヨタ自動車は、再生可能なエネルギーである太陽光発電の電力を活用し、水素を製造・貯蔵・供給できる小型の水電解式水素発生充填装置「SimpleFuel(シンプルフューエル」を愛知県豊田市のトヨタ元町工場に導入した。 04/10 08:33

SBエナジーは9日、米国の気象予報会社 ClimaCellへの出資契約を締結し、同社に700万ドル(約7億7000万円)を出資したと発表した。 04/10 07:57

Wi-SUNの最新規格「Wi-SUN Enhanced HAN(Home Area Network)」に世界で初めて対応したロームの無線通信モジュール「BP35CO-J11」

IoTの普及に伴なって、スマートメーターの導入も世界規模で加速している。 03/31 22:58

京セラと関電が始める新サービスのイメージ図(京セラの発表資料より)

京セラ(京都市伏見区)と関西電力(大阪市北区)は27日、新たな個人向けの太陽光発電サービスを開始するため、新会社「京セラ関電エナジー合同会社」を設立すると発表した。 03/28 18:36

業界初の電力損失ゼロを達成した小型非接触電流センサ「BM14270MUV-LB」を用いたデモ機。ロームは MI素子を採用することで、これまでのホール素子による電流センサの課題を一気に解決した

近年、日常生活からビジネスに至るまで、我々の生活のあらゆる場面で電子化、電力化が進んでいる。 03/17 21:44

ドローンを使った点検作業のイメージ(NTT西日本の発表資料より)

NTT西日本(大阪市中央区)は12日、ドローンを使って橋梁や鉄塔、発電設備などの点検を行う新会社「ジャパン・インフラ・ウェイマーク」を4月1日に設立し、営業を開始すると発表した。 03/14 10:59

東京電力HDも洋上風力発電事業の候補地として、銚子沖を決めたと伝えられた。 02/27 11:49

2020年、住宅「省エネ基準」義務化を前にリビン・テクノロジーズが「住まいの省エネ対策」について意識調査。義務化の認知度は25%。不適合住宅は「売却時に不利」55.1%。省エネ対策実施済み43.0%。

政府は2020年から住宅に対する省エネルギー基準の適用を義務化する方針を示している(ただし小規模住宅については適用先送りとなっている)。 02/19 09:49

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む