消防庁、消防飛行艇の予算を試算 初期費用は380億円

2019年6月5日 10:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 消防庁が広範囲に大規模な散水が可能な「消防飛行艇」の導入・活用を検討しているが、常時運用に必要となる2機体制を整えるには初期費用として約380億円、維持管理費は年間20億円が必要という試算が出ている(産経新聞)。

 消防庁の年間予算規模は約100億円で、初期費用がこれを大幅に上回ることや維持管理費の高さが導入への課題だという。

 また、海上自衛隊の救難飛行艇「US2」をベースとすることが想定されているが、同機体は国土交通省の耐空証明を受けておらず、消防隊員や民間パイロットが操縦することができないという問題もあるという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 政府 | 地震

 関連ストーリー:
海上自衛隊の救難飛行艇US-2、高知沖で遭難。乗組員は全員救助 2015年05月01日
「空飛ぶ船」、中国の空に浮かぶ 2014年04月08日
水陸両用飛行艇の輸出活動を本格化 2012年05月02日
国産飛行艇US-1A改、世界へ 2005年05月31日
救難飛行艇「US-1A改」初飛行に成功 2003年12月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自衛隊国土交通省海上自衛隊