海上自衛隊、護衛艦内での携帯電話使用制限を大幅緩和へ

2019年12月17日 18:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 海上自衛隊が、護衛艦内での携帯電話やスマートフォンの使用制限を大幅緩和するという(朝日新聞)。

 艦艇内では長年携帯電話やスマートフォンの利用が禁止されていたが、家族や友人との連絡を取りたいという要望から、昨年度より艦内の一部に無線LANを導入していたという。これを今年度内に拡大し、居住区域や食堂で無線LANを使えるようにするそうだ。

 なお、2018年に導入された無線LANではあらかじめ登録しておいたメールアドレスへのメールのみが許可されていたという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 日本 | 軍事 | 携帯電話

 関連ストーリー:
駆逐艦を無線LANで操縦 2003年01月29日
海自、潜水艦乗組員における女性制限を撤廃 2018年09月03日
海自の基地祭でコスプレ解禁 2011年09月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自衛隊海上自衛隊