海自、潜水艦乗組員における女性制限を撤廃

2018年9月3日 22:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 防衛省が、女性自衛官を海上自衛隊の潜水艦の乗組員として登用する方針を固めたそうだ。潜水艦は男女別の設備はなく、「性別に配慮した職場環境が確保できない」として今までは男性のみが乗組員として配置されていたという(読売新聞)。

 方針転換の理由としては「人手不足」が挙げられている。すでに各艦艇では「定員割れ」が状態化している状況なのだそうだ。

 スラドのコメントを読む | 軍事

 関連ストーリー:
中国も無人潜水艦を開発中 2018年08月17日
陸自、輸送艦導入を検討 2018年07月04日
防衛省、29年ぶりに音響測定艦を建造へ 2018年05月30日
航空自衛隊に「宇宙部隊」を創設へ 2017年08月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省自衛隊海上自衛隊