海上自衛隊、リチウムイオン電池搭載潜水艦が進水

2018年10月5日 23:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 海上自衛隊のリチウムイオン電池搭載潜水艦「おうりゅう」の進水式が10月4日に行われた。「おうりゅう」は世界初のリチウムイオン電池を主電池に搭載した潜水艦となる(のりものニュース日経新聞産経新聞)。

 従来の海自潜水艦は鉛電池と低速度での哨戒行動時の潜水時間延伸に有効なスターリング・エンジンを搭載していたが、今後は運用の柔軟性の高いリチウムイオン電池のみの搭載となる。

 リチウムイオン電池搭載にあたっては充電用の発電機なども新規開発がおこなわれたそうです。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 軍事 | 交通

 関連ストーリー:
海自、潜水艦乗組員における女性制限を撤廃 2018年09月03日
中国も無人潜水艦を開発中 2018年08月17日
防衛省、29年ぶりに音響測定艦を建造へ 2018年05月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードリチウムイオン電池海上自衛隊

「軍事・防衛」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース