1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 社会
  5.  > 介護(1)

介護のニュース一覧

来たる2025年問題に備えて、今から十分な対策と備えが必要になるだろう。各家庭でも自分や両親の老後について家族と話し合う、私的年金を活用するなどして対策を講じるべきだ。

高齢化によって深刻さを増す人材不足や公的年金の危機が叫ばれるようになってきた。 12/07 09:06

室内の様子。(画像: パナソニックの発表資料より)

有料老人ホームの運営や訪問介護事業事業を展開するHITOWAケアサービス(東京都港区)は4日、同社が運営する有料老人ホームにパナソニック(大阪府門真市)の介護施設向けソリューションを導入すると発表した。 12/05 21:42

独立系の介護業者は、差別化に注力している。 12/03 12:14

配薬支援装置外観。(画像:東北大学発表資料より)

今日、介護の世界では人手不足が叫ばれて久しい。 12/02 21:40

人が踏むだけで位置情報を発信するIoT建材(画像:凸版印刷の発表資料より)

印刷会社大手で、建装材印刷も手掛ける凸版印刷(東京都千代田区)は19日、床材と圧力センサーを組み合わせることで、床の上にいる人の位置を検出する新たな建装材「ロケーションフロア」を開発したと発表した。 11/20 16:11

家族の介護を理由に仕事を辞める、いわゆる介護離職者が9万9千人に上ったことがわかった。介護休業制度を利用しやすくなるようなさらなる取組みが必要だ。

総務省が発表した「平成29年就業構造基本調査」によって、2016年10月から17年9月までの1年間で、家族の介護を理由に仕事を辞める、いわゆる介護離職者が9万9千人に上ったことがわかった。 11/12 09:02

日本FP協会が「世代別比較 くらしとお金に関する調査」を実施。人生100年時代の不安は、1位が「老後の生活設計」、2位「自身の健康」、40代の4割強が「介護」に不安。「現役で働く期間を延ばす」4割。

人生100年時代と言われる。 11/11 21:53

介護業界の草分け的存在といえるツクイの設立は、1969年。 11/08 08:34

就活やら婚活は、私にとっては半世紀近く前の話。 11/02 08:25

自動で衣類をたたみ収納するインダン(写真:アスティナの発表資料より)

ロボットやIoT(モノのインターネット)デバイスの開発事業を手掛けるアスティナ(東京都千代田区)は15日、自動で衣類を折りたたみ収納する家具を開発したと発表した。 10/15 16:21

創業時(1992年)は緊急用酸素蘇生機の販売を行っていたプラッツがその後、医療用備品なども手掛け「介護用ベッド」の世界に足を踏み入れたのは約5年後の97年のこと。 10/12 21:17

豊田通商の介護・ヘルスケア事業はグループ企業:豊通オールライフと共に展開されている。 10/10 21:26

9月17日の敬老の日にちなみ、総務省統計局が統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)のすがたについてまとめている。 09/17 18:21

シノ・ジャパンが日本、米国、ドイツ、シンガポール、メキシコの5か国で「休暇取得に関する意識調査」を実施。ドイツは5か国中TOPで20日以上の休暇を取っている。日本は最下位で男性が12.5日、女性は4.95日。

2013年、国連は日本の過労死と長時間労働の懸念から日本政府に対して改善を求める勧告を出した。 09/14 13:10

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告