1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > JavaScript(2)

JavaScriptのニュース(ページ 2)一覧

やや旧聞となるが、12月7日にリリースされたBrave 0.57ではユーザーインターフェイスがChromiumベースに変更されている。 12/20 09:43

JavaScript/Node.js向けパッケージリポジトリのnpmで公開されていた「event-strem」というJavaScriptパッケージにマルウェアが仕込まれる事件が発生した。 11/29 22:11

アパレル型ECプラットフォーム「スパイラルEC®」を提供するフレンディット(東京、細野博昭社長)は、越境EC支援ソリューション「WorldShopping BIZ」を提供するジグザグ(東京、仲里一義代表)と連携し、国内向けのECサイトを125カ国に対応する越境ECに変更できるサービスをきょう20日から開始した。 11/20 22:13

セキュリティソフトなどを手がけるAVAST Softwareが、「仮想通貨採掘行動のガイドライン」を発表した。 11/08 09:29

Googleは今後、Googleアカウントへのサインイン時にJavaScriptの利用を必須にする方針だという。 11/06 09:12

「侍エンジニア塾」というプログラミングスクールのWebサイトに景品表示法違反の記述がみつかり、そこから芋づる式にいろいろな問題がみつかり炎上騒ぎとなっているようである。 10/18 22:50

Android版のGoogle Chromeで、低速接続時にJavaScript を無効化する「NoScript」フラグがデフォルトで有効になるそうだ。 08/26 21:55

IEEE Spectrumが、プログラミング言語ランキングの2018年版を公開した。 08/07 10:31

セキュリティベンダーMcAfee(マカフィー)の公式ブログ記事で、JavaScriptを利用しているサイトは減少傾向にあるといった記述があり話題となっている。 06/14 20:58

「MakeCode×micro:bit 100プロジェクト」のロゴ。(画像: マイクロソフト)

日本マイクロソフトやインテル、富士通などが参画する業界団体、ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC)は13日、学校のプログラミング教育を応援するプロジェクトを開始すると発表。 06/14 10:59

JavaScriptでプログラミングができるマイコンボード「obniz」が電子工作関連の通販サイトSwitchScienceや秋葉原のツクモパソコン本店IIで販売開始されている。 06/05 22:57

UNICEF Australiaが「The Hopepage」という、Webブラウザ上で仮想通貨をマイニング(採掘)するJavaScriptを実行させ、その採掘結果を寄付できるサイトを公開した(The Verge、ギズモード・ジャパン)。 05/10 18:08

英国や米国の政府機関を含む4千以上のWebサイトで、仮想通貨採掘スクリプトが埋め込まれる問題が11日に発生したそうだ(Texthelpのブログ、発見者Scott Helme氏のブログ、Register、The Guardianの記事1、記事2)。 02/15 20:51

トランプ大統領の支持者に向けたWebサイトaction.donaldjtrump.comなどのソースコードに、オバマ前大統領や大統領選で戦ったヒラリー・クリントン候補を茶化すようなメッセージが含まれていたという(TechCrunch)。 01/03 11:36

前へ戻る   1 2 3 4 5  次へ進む

広告

広告