オンライン授業でもサボりはバレる? 生徒の集中度を数値で表すAI開発

2020年6月30日 08:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 新型コロナの影響で、オンライン授業の必要性が高まっているが、オンライン授業でも生徒がサボっていないかを測定する技術が開発された。ユーザーローカルらよる生徒の集中力を測定AIがそれ。視線予測、表情認識、物体検出、人物検知といったディープラーニング技術を使って生徒の表情を解析し、某スカウターのように集中力を数字で表示するのだという(ITmediaマイナビ)。

この集中度データをもとに、また、授業態度と成績との因果関係や、教師別の満足度の調査などもできるとしている。JavaScriptのタグを埋め込むだけで、既存のオンライン授業配信システムに簡単に導入できるとしている。また生徒のプライバシーにも配慮、顔部分をマスキングした状態でも集中力を計測できるとしている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 教育 | インターネット

 関連ストーリー:
一部の学校でオンライン授業がスタート、一方で課題も多い 2020年05月14日
封鎖都市、武漢の様子 2020年03月12日
中国、COVID-19流行でタブレットPCの需要が増加 2020年02月27日
大学教授協会(AAUP)、「大規模公開オンライン授業」は学問の自由を脅かすと主張 2013年06月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJavaScriptディープラーニング(深層学習)

広告