Mozilla、ブラウザ上でさまざまなデータ処理実行可能なサービスをアルファ公開

2019年3月20日 12:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 MozillaがWebブラウザ上でさまざまなデータ分析処理を実行できるサービス「Iodide」を公開した(マイナビニュース)。ソースコードはGitHubで公開されている

 Jupyterなどのグラフィカルなコード実行環境に似ており、Markdown形式をベースに文書内にJavaScriptやPythonのコード、CSSなどを埋め込める「JavaScript MarkDown」という文書フォーマットを採用。ブラウザ上でコードを記述して実行したり、ドキュメントを作成したり、データの視覚化などを行える。

 利用できるプログラミング言語はJavaSciprtとPythonがメインとなっているが、プラグインでAssemblyScriptやLua、Ruby、Julia、OCamlなども部分的に対応する。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | Mozilla | サイエンス | IT

 関連ストーリー:
Mozillaがファイル送信サービス「Firefox Send」をリリース 2019年03月15日
Firefoxでデジタル指紋による追跡やマイニングをブロックする設定が導入される予定 2019年03月09日
MozillaによるFacebookの広告向け透明性検証ツール、Facebookが対策して利用不可能に 2019年02月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJavaScriptMozillaRubyGitHubPython

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース