1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 地震(1)

地震のニュース一覧

NASAは火星探査機InSightの活動の一環として、火星の地表に地震計を設置した。 04/25 21:33

気象庁は南海トラフ沿いで異常な現象が観測され、その現象が南海トラフ沿いの大規模な地震と関連するかどうか調査を開始した場合や調査を継続している場合、観測された異常な現象の調査結果を発表する場合には「南海トラフ地震臨時情報」の名で提供すると29日、発表した。 03/31 11:50

エヌ・シー・エヌが「耐震に関する全国意識調査」を実施。半数が震度7の地震が来ると予想。自宅が震度7まで耐えると回答は13.2%。「震度6まで」が33%で最多。自宅の耐震性能「わからない」が34%。

昨年は多くの自然災害が発生した。 03/27 11:44

2017年11月に韓国・浦項(ポハン)市で発生したマグニチュード5.4地震は、地熱発電の開発のために行われた地下への水注入が原因だったとする調査結果が韓国で発表された。 03/25 21:35

CEATEC JAPAN2018のローム社のブースで公開された、地震検知センサモジュール搭載のデモ機。これまでの地震検知センサの課題を解決する独自のアルゴリズムが、専門家からも注目を集めた。

東日本大震災から8年。 03/10 23:57

ローマの「コロッセオ」。

イタリア・ローマにある世界遺産「コロッセオ」は、5世紀に発生した地震で大きな被害を受けたことが記録されているが、この大地震を引き起こした活断層が解明された。 03/08 21:01

試験車両のイメージ。(画像: JR東日本の発表資料より)

JR東日本は8日、現在開発を進めている新型新幹線試験車両「ALFA-X」の先頭車を公開した。 02/10 20:08

レーダーによる津波多波面検出例(写真:三菱電機の発表資料より)

三菱電機は25日、レーダーによる津波監視支援技術を高度化し、海表面の流速のレーダー観測により、連続して到来する津波の波面検知と、水位推定を実現するレーダーによる津波多波面検出技術を開発したと発表した。 01/29 09:24

人工衛星「だいち2号」に搭載された合成開口レーダー(SAR) (c) JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、産業技術総合研究所(産総研)と衛星データをAIで開発する研究に関する協定を締結したことを発表した。 12/27 21:27

NASAの探査機「インサイト」は、2018年12月19日に「地震計」を火星に設置した。宇宙船が「地震計」を別の惑星の表面にロボットで設置したのは今回が初めて。(C)NASA / JPL-Caltech

アメリカ航空宇宙局(NASA)の探査機「インサイト」には、火星での主要なミッションに使用する計測機器が3つある。 12/27 11:58

鉄扉のイメージ。(画像: 神戸市の発表資料より)

近い将来、必ず起きるとされる南海トラフ巨大地震への対策を進めている神戸市は20日、大津波による市街地への海水の流入を防ぐ水門や陸閘(りっこう)をタブレットなどで遠隔操作して閉鎖するシステムを順次導入していくと発表した。 12/21 20:07

「南海トラフ地震発生帯掘削計画」で掘削した地点。今回はExp.358部分の採掘を行う。(画像: 海洋研究開発機構の発表資料より)

昨今話題になっている南海トラフ地震だが、今後30年以内に起こる確率は70〜80%と予測されている。 12/17 11:23

日本漢字能力検定協会が、2018年「今年の漢字」を発表した。 12/13 09:28

東大と民間機関が「大阪府北部地震(買いだめ)に関する調査」を実施。「買いだめ」をした者は2割未満

6月に発生した大阪府北部地震の際、被災地を中心に飲食料品の買い占めが原因でスーパーやコンビニなどで品切れが発生するという事態が起きた。 11/30 12:03

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告