民主党のニュース

第2次岸田内閣発足 外相の入れ替えのみ

臨時国会が10日召集され、初日の衆参本会議で首班指名選挙の結果、第101代総理大臣に岸田文雄衆院議員が選出された。
11/12 08:34

自民党勝利で岸田相場の始まりか!?

10月31日に投開票された第49回衆議院選挙で、自民党が261議席を獲得。
11/05 16:21

相場展望11月4日 米FOMC結果発表で買い安心感、最高値更新 自民党の絶対多数維持で、好決算個別銘柄物色が続く

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)11/01、NYダウ+94ドル高、35,913ドル(日経新聞) ・NYダウを含む主要3株価指数が連日で過去最高値を更新した。
11/04 09:36

相場展望11月1日 衆院選挙イベント「お祝儀」⇒決算発表に注目 米バイデン政権は看板の財政支出と増税案を変更

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/28、NYダウ+239ドル、35,730ドル(日経新聞) ・市場予想を上回る決算を発表した銘柄が買われ、NYダウなどを押し上げた。
11/01 09:07

相場展望10月7日 米国のスタグフレーション懸念は、債務上限問題先送りと原油高騰一服でいったん落ち着くか? 中国経済は、中長期的に減速へ

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/04、NYダウ▲323ドル安、34,002ドル ・朝方、米長期金利が上昇する場面があり、PER(株価収益率)が高く、金利上昇時に売られやすい主力ハイテク株が下落を主導した。
10/07 08:58

相場展望9月16日 米国次の焦点は、(1)増税 (2)消費者物価の株価反応 日本株は買戻し高、次は中長期投資家の買い期待

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)9/13、NYダウ+261ドル高、34,869ドル(日経新聞) ・NYダウは、先週は新型コロナの感染拡大で米景気回復が鈍るとの警戒感から米株式相場に売りが続き、2カ月ぶりの安値を付けていた。
09/16 08:46

諸刃の剣を振りかざすアメリカとIT巨人GAFAM+Nとの戦い (完)

アメリカ議会における巨大IT企業をターゲットとした今回の反トラスト法の改正案提出について重要なのは、前トランプ政権が率いた保守派・共和党の内部の捻じれと、現バイデン政権率いるリベラル派・民主党の内部の捻じれの中で、大きな道しるべとなったことである。
06/17 07:55

米国市場を揺るがす債務上限問題

米国の連邦債務の上限適用は8月1日に復活するが、今回も民主・共和両党の激しい応酬が予想される。
06/01 17:50

バイデン政権のキャピタルゲイン増税が株式市場にもたらす影響は

米国・バイデン大統領が、所得100万ドルを超える富裕層に対するキャピタルゲイン課税を、現行の約2倍となる39.6%に引き上げることを提案すると、ロイター通信などが報じた。
04/27 07:26

イエレン新財務長官の厳しい船出

前米国連邦準備理事会(FRB)議長だったジャネット・イエレン氏の財務長官就任が米議会上院の賛成多数で承認された。
01/29 08:54

なぜ投資は失敗するのか バリュー投資・グロース投資の今と、重要な2つの要素 前編

アメリカ・ジョージア州における上院選での民主党の勝利により、トリプルブルーとなったバイデン政権に対する市場の評価は、公約に盛り込まれた規制よりも目先の緩和を材料としており、やや株高方面ではあるものの、日経平均株価はダウ平均株価と共に上値の重たい展開となっている。
01/25 16:27

相場展望1月25日号 米景気刺激策の縮小を意識、市場の勢い鈍化?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移  1)1/21、NYダウ▲12ドル安、31,176ドル ・NYダウは3営業日ぶりに小反落。
01/25 09:03

相場展望1月14日号 バイデン新政権での大規模刺激策を期待して株価は上昇したが、その実現可能性は?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/12、NYダウ+60ドル高、31,068ドル ・バイデン新政権による(1)現金給付600⇒2,000ドル増額、(2)大規模経済対策が米景気回復を促進するとの期待が市場を牽引した。
01/14 11:21

米国長期金利、1%台に上昇

6日に米国10年債が昨年3月以来となる1%台を記録した。
01/13 09:10

相場展望1月12日号 米政治混乱が相場転換の契機となるか注視 日本株で気になる点に注目

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/7、NYダウ+211ドル高、31,041ドル ・バイデン氏の大統領選挙での勝利が議会で確定し、政局不安が後退し相場は上昇。
01/12 08:53

1月5日がコロナバブルのターニングポイントになるか!? ジョージア州上院決選投票 後編

さて、もしジョージア州で民主党が大勝し、アメリカの議会がいわゆる「ねじれ」状態ではなくトリプルブルーとなれば、バイデン氏が掲げる公約を実現しやすい環境が整うことになる。
01/05 08:17

相場展望1月4日号 昨年終盤の状況と、2021年日経平均シナリオ予想

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移  1)12/31、NYダウ+196ドル高、30,606ドル ・新型コロナのワクチン普及で、2021年景気回復に向かうとの期待から買い直された。
01/04 08:40

相場展望11月19日号 ジョージア州上院議席がバイデン政権の政策を決める 勝てば左派色で株価マイナス、負ければ株価プラス

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)11/16、NYダウ+470ドル高、29,950ドル ・ワクチンの普及で経済正常化の期待が強まり、景気敏感株を中心に買いが優勢となる
11/19 08:30

バイデン大統領誕生に期待したリスクオン相場の転換期はここだ 後編

さて、大統領が民主党、上院が共和党、下院が民主党となったところで、政権運営はどのような流れになっていくのだろうか。
11/14 18:38

バイデン大統領誕生に期待したリスクオン相場の転換期はここだ 前編

11月13日現在、アメリカ大統領選挙は未だトランプ大統領が敗北宣言をしてはいないものの、バイデン候補が選挙人の過半数270人を大幅に上回る数を獲得する見込みであり、ほぼ勝利を確実なものとしている。
11/14 08:55

紛糾するアメリカ大統領選の行方とトランプ大統領の勝算 前編

アメリカ大統領選挙は、投票日を4日ほど過ぎた11月7日(土)になっても未だに混沌としているものの、僅差でバイデン候補が競り勝っている状況ではある。
11/07 16:33

米副大統領候補討論会の英語で学ぶ、大統領選挙の7つの争点

アメリカ大統領選の候補や副大統領候補の討論会は、政治経済や社会に関する英語の表現力を強化したい英語学習者にとって格好の教材だ。
10/19 12:08

”バイデン大統領”が誕生した時のマーケットの反応は?

米国の大統領選挙まで残り4カ月を切っている。
07/17 16:42

米カリフォルニア州でベーシックインカム法案提出 月1000ドル相当の補助

カリフォルニア州でベーシックインカム(UBI)の法案が提出された。
02/27 08:38

ブルームバーグ氏、Hawkfishという謎の企業に大金を投入

米大手メディアBloombergの創設者でニューヨークの元市長、そして次期大統領候補の一人でもあるMichael Bloomberg氏は、個人資産から数千万ドルを選挙キャンペーンにつぎ込んでいる。
12/30 21:26

 1 2 3  次へ進む