1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 国内政治
  5.  > 消費者庁(3)

消費者庁のニュース(ページ 3)一覧

UQコミュニケーションズ「データ量制限なし」とうたっていたWiMAXサービス「ギガ放題」プランで実際には速度制限があったとしてユーザーが同社を訴えていた裁判で、東京高裁が会社側に賠償を命じる判決を下した(NHK、すまほん!!、livedoor NEWS)。 04/24 14:05

セキュリティソフトを手がけるマカフィーに対し、消費者庁が景品表示法に基づく措置命令を行った(消費者庁の発表、時事通信)。 03/27 09:53

AmazonのWebサイトに掲載されている「参考価格」は根拠がないとして、景品表示法違反で消費者庁が措置命令を出した(時事通信)。 12/31 20:49

消費者庁の発表により、室内における子供と家具との事故が多数発生しており、その中には死亡事故も起きていることが分かった。 11/12 21:36

消費者庁は、東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、平成25年2月より年2回行っている「風評被害に関する消費者意識の実態調査」の第10回目を実施した。

消費者庁では、東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、「風評被害に関する消費者意識の実態調査」を平成25年2月より年2回行っている。 11/08 07:21

過熱・焼損事件が複数発生していていたUPQのスマートフォン「UPQ Phone A01X」のバッテリー無償交換実施がやっと発表された。 07/28 21:13

消費者庁がガンホー・オンライン・エンターテイメントに対し、優良誤認表示および有利誤認表示があったとして措置命令を行った(発表PDF)。 07/20 19:58

以前、「ヤフーショッピングの検索結果の表示順を金で買えるシステムが問題視される」という話があった。 07/18 20:21

消費者庁は14日、景品表示法に関連する「打消し表示に関する実態調査報告書」を公表した。 07/17 09:22

スマホ決済の利用理由は、「会計がスムーズだから」(23.4%) が最も高く、「ポイントが付くから」(22.2%)、「財布を持たなくて済むから」(15.0%) と続く。また、9割がスマホ決済を「継続利用する」と答えており、スマホ決済への満足度が高いことがわかった

先日、消費者庁からスマートフォンの所有率が5割を超えたと発表があった。 07/06 09:00

賢者の快眠 睡眠リズムサポート(大塚製薬の発表資料より)

大塚製薬は29日より、特定機能食品の「賢者の快眠 睡眠リズムサポート」の試験販売を始めた。 05/30 12:29

不審な時の相談電話番号(消費者庁発表資料より)

消費者庁22日、携帯電話へのメッセージやメールで知らない人に金銭を要求する悪質業者の名前1つを公表して注意喚起を呼びかけた。 05/23 04:30

UPQが5月9日、同社のスマートフォン「UPQ Phone A01X」でバッテリーの過熱・焼損事故が発生していたことを発表した。 05/10 16:08

「FREETEL」ブランドでいわゆる格安SIMなどを提供していたプラスワン・マーケティングに対し、総務省が電気通信事業法に基づく指導を行った(4月26日付けの総務省発表、ITmedia)。 04/27 21:18

前へ戻る   1 2 3 4 5  次へ進む

広告

広告