TSUTAYAの不適切な「動画見放題」表示に課徴金1億円超

2019年2月26日 09:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨年6月、消費者庁がTSUTAYAの動画配信サービスにおいて景品表示法違反となる表示があったとして措置命令を出していたが(過去記事)、消費者庁は2月22日、TSUTAYAに対する計1億1753万円の課徴金納付命令を行ったことを発表した(消費者庁の発表朝日新聞日テレNEWS24共同通信日経新聞産経新聞ITmedia)。

 問題となったのは、同社が提供する動画配信サービスにおける「動画見放題プラン」などの説明表示。実際には「見放題」となる動画は「12パーセントないし26パーセント程度」にも関わらず、見放題対象には含まれない動画があたかも見放題になったり、すべての動画が無条件で見放題になるかのように表示していたという。さらに、「動画見放題(*)」という表示において、その条件を示す「*」の説明は「見放題」の記載から離れた場所に小さい文字で記載されていた。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 広告 | 政府

 関連ストーリー:
消費者庁、酵素飲料に対し景表法違反として措置命令 2018年10月26日
消費者庁、TSUTAYAの「動画見放題」表示などに対する措置命令 2018年06月01日
スマホゲームのガチャ確率表記を巡る訴訟、サイトに記載されていた運営元が実際とは異なっていたため和解に 2018年04月17日
マカフィーの「期間限定特別価格」、実際には期間限定ではなかった 2018年03月27日
Amazonの「参考価格」、根拠がないとして消費者庁から処分を受ける 2017年12月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード消費者庁TSUTAYA

関連記事