アンモニアのニュース

プラスチックゴミで食糧問題を救う新たなリサイクル方法 東工大ら

プラスチックは軽くて丈夫でとても便利な素材だが、ゴミとなった時の処理は大きな社会問題となっている。
11/09 13:29

IHI、製造からソリューション主体事業への構造改革で利益大幅増を目指す

10月5日IHIは、アンモニア大規模サプライチェーンの実現に向け、大型アンモニア受入基地の開発を開始した。
10/11 16:56

相場展望10月7日 米国のスタグフレーション懸念は、債務上限問題先送りと原油高騰一服でいったん落ち着くか? 中国経済は、中長期的に減速へ

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/04、NYダウ▲323ドル安、34,002ドル ・朝方、米長期金利が上昇する場面があり、PER(株価収益率)が高く、金利上昇時に売られやすい主力ハイテク株が下落を主導した。
10/07 08:58

相場展望9月9日 米国『景気後退とインフレ、金利上昇』⇒株安懸念 日本『新首相ご祝儀相場、一服か』⇒株安の備えを

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)9/6、レーバーデーの祝日のため休場 2)9/7、NYダウ▲269ドル安、35,100ドル(NHK) ・感染力が強い変異ウイルスのデルタ株感染が米国で広がっていることを受けて、景気回復が鈍ることへの懸念が高まり、景気敏感株を中心に売り注文が出た。
09/09 08:51

三菱ガス化学、環境変化に強い事業構造への転換で成長目指す

三菱ガス化学の連結子会社東邦アーステックは6月8日、新潟市で進めている水溶性天然ガスとヨウ素の生産設備工事に関して、第1期工事を終え、水溶性天然ガスの生産を一部開始したと発表した。
06/20 07:42

相場展望5月13日 ハイテク主導の米国株式市場の終焉の始まりか? 日経平均の急落でも、動かない日銀ETF買い今日は?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)5/10、NYダウ▲34ドル安、34,742(日経新聞) ・経済正常化の進展と、金融緩和の長期化を期待した買いが景気敏感株に入り、NYダウは一時+300ドル超上げて、初の35,000ドルを超えた。
05/13 08:46

いて座方向の分子雲から駒のように回転する有機分子を発見 東京理科大など

星の材料となる分子雲には水素などさまざまな分子が含まれている。
08/30 16:52

木星ではアンモニアのあられが降り注ぐ NASAの探査機ジュノーによる観測

木星は地球のおよそ10倍の直径を持つガス状の巨大惑星である。
08/06 16:11

手軽に使える抗菌スプレー クルマの車内に使用するのも効果的

ジェックは、同社が販売する除菌・抗菌・消臭スプレー「EZ BARRIER SPRAY 24(イージーバリア)」を、車内のドアノブ、ハンドル、シフトノブ、シート、ボタン、エアコン吹き出し口などに吹きかけることで、24時間抗菌できる車内の抗菌アイテムとして提案している。
06/26 07:24

彗星の核で見つかった脂肪酸有機化合物 生命の起源物質は太陽以前に存在か

1月13日にイギリスのNature Astronomy誌に公表された論文で、欧州宇宙機関ESAの研究者が、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の核の表面に脂肪酸有機化合物を見出したことが明らかにされた。
01/15 13:55

世界初、窒素ガスと水からアンモニアを合成 東大の研究

肥料として重要なアンモニアは、窒素と水素の原子からなる。
04/26 09:21

太陽の熱が届かなくとも生命の誕生は可能? 環境再現に取り組むNASAの研究

太陽系外の惑星でどのような条件において生命が誕生するかは、宇宙生物学者(アストロバイオロジスト)にとって関心の的だ。
03/03 19:33

水と空気と電力だけでアンモニアを合成するという手法が考案 九州工業大

窒素系肥料やさまざまな化学品の原料となっているアンモニアは、水素と窒素から合成するハーバー・ボッシュ法で生産するのが一般的だが、このたび九州工業大学の研究者らが水と空気だけからアンモニアを合成する新手法を開発したという。
01/22 22:49

香害の悩み 少しずつ広がる社会の理解

香りは、アロマテラピーで人の心を癒やし、衣類をさわやかに仕上げるなど、さまざまな場面で好まれるようになり、世の中には人工的な香りがあふれている。
11/14 21:35

環境・エネルギー触媒の世界市場、排出ガス規制を背景に需要拡大へ

富士経済は11日、環境触媒・エネルギー触媒の世界市場調査結果を発表。
10/13 17:44

バイオガス発電計画の凍結、北海道で相次ぐ 太陽光発電と送電容量取り合い

北海道電力の送電線空き容量が不足しており、この影響で北海道十勝地方での家畜ふん尿を利用したバイオガス発電施設の建設計画中断が相次いでいるという。
10/10 23:18

産総研と日揮、再エネ水素から再エネアンモニアを合成 実証試験を開始

産業技術総合研究所(産総研)再生可能エネルギー研究センターの水素キャリアチームは28日、再生可能エネルギーの特徴に対応した新規アンモニア合成触媒を開発したと発表した。
05/28 11:53

砂漠のような北極海で生物は何をエネルギーに生きているのか?東大などの研究

北極海は、生物の生存に不可欠な「窒素栄養塩」が非常に乏しいため、「海の砂漠」とあだ名される。
05/27 10:23

空気を肥料とする農業は実現するか 名古屋大学、JSTの研究

かつて「空気を肥料に変えた」と言われた大発明がある。
05/13 21:43

彗星は何故「重い窒素」を含むのか―筑波大学による数学的解析

窒素は全宇宙において上から5番目に多い元素である。
05/06 10:12

東京工業大、低温で高効率のアンモニア合成を実現する触媒を開発

東京工業大学の研究グループが、300度以下の低温で、従来のルテニウム触媒と比べて100倍、現行の工業用触媒と比べても3倍以上の効率のアンモニア合成を実現する触媒の開発に成功した。
02/07 21:47

褐炭から水素取り出し液化して豪から日本に海上輸送 2030年の実用化目指す

オーストラリアに豊富にある褐炭から水素を取り出し、液化して日本に海上輸送するアイデアがある(産経新聞)。
08/28 21:25

ハーバー・ボッシュ法を超えた?新たなアンモニア合成法が開発

ハーバー・ボッシュ法というのをご存知だろうか?水素と窒素を反応させ、アンモニアを作る化学的技法である。
04/05 08:23