1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 環境・エコ(1)

環境・エコのニュース一覧

rss
(画像:藤田観光発表資料より)

「ホテル椿山荘東京」などの施設を運営している藤田観光は、運営施設においてプラスチック製ストローの使用を2019年7月までに順次廃止し、生分解性プラスチック製ストローに移行すると発表した。 04/03 11:35

生分解性プラスチック「BioPBS」を使用したストロー。(写真:京浜急行電鉄の発表資料より)

三菱ケミカル(東京都千代田区)は25日、同社が開発した生分解性プラスチック「BioPBS(バイオPBS)」を用いたストローが、京浜急行電鉄(東京都港区)と同グループ会社に採用されたと発表した。 03/26 08:26

近年の経済活動の発展・多様化によって、海洋汚染が進んでおり、中でも海洋プラスチック汚染が深刻な問題となっている

海に囲まれた島国である日本は、古来より海から多大な恩恵を受けて発展してきた。 02/03 23:36

ドイツ政府が、2038年までに石炭火力発電を全廃するで同意したそうだ。 02/01 22:22

ネスレは15日、プラスチック製ストローの全廃などプラスチック廃棄物への取り組みを加速することを発表した。 01/25 23:34

京都府亀岡市がプラスチック製レジ袋の提供を禁止する条例を制定するという。 12/17 22:21

プラスチック製品が環境汚染を引き起こしているとの懸念から、プラスチック製ストローの利用を避ける動きがある。 12/14 22:36

優しく可愛いデザインの「ブラ・リサイクルバッグ」(写真:ワコール発表資料より)

9日、ワコールは不用なブラジャーを回収して産業固形燃料(RPF)にリサイクルする企画「ワコール ブラ・リサイクル」の2018年実施詳細を発表した。 11/10 11:13

震災後に福島県沖に設置された浮体式洋上風力発電施設の一部が、「採算が見込めない」との理由で撤去される方針とのこと。 10/31 09:00

太陽光発電による発電量が増えている九州電力では、今月に入って供給が需要を上回る状態がたびたび発生しており、そのため太陽光発電の受け入れを一部停止する出力抑制が複数回行われている。 10/25 08:38

(画像: NTTドコモの発表資料より)

ドコモは23日、使用済み携帯電話などのリサイクル金属によるメダル生成プロジェクトにおいて、主催者の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に約4トンの金属を納入したと発表。 10/24 15:30

環境省が18日、外国政府による廃棄物の輸入規制等に係る影響等に関する調査結果を発表した。 10/22 22:28

九州電力は13日と14日にサービス地域内にある太陽光発電による発電の出力抑制を実施したが、太陽光発電を中心としたインフラ投資を行う日本再生可能エネルギーインフラ投資法人【9823】は14日、その影響を発表した。 10/16 19:19

北海道電力の送電線空き容量が不足しており、この影響で北海道十勝地方での家畜ふん尿を利用したバイオガス発電施設の建設計画中断が相次いでいるという。 10/10 23:18

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告