米国北東部の大気汚染が大幅に減少 新型コロナ感染拡大による経済停滞が原因か

2020年4月14日 20:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 人工衛星による大気中の二酸化窒素濃度観測データから、米国北東部の主要都市近辺での大気汚染が大幅に改善されていることが分かったという(NASAAXISSlashdot)。

 このデータは、NASAのAura衛星に搭載されたオゾン監視装置によって観測されたもので、このエリアにおける2020年3月の二酸化窒素濃度は2005年以降で最低を記録。さらに、ワシントンDCからボストンまでの州間高速道路95号線沿いでは、2015年から2019年の3月の月間平均と比較して約30%も低くなっているとしている。

 大気汚染の改善は、コロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)の感染拡大によってロックダウンや自宅待機が行われていることが理由だと考えられるという。このような大気汚染の改善は世界の他の地域でも観察されているようだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙 | アメリカ合衆国 | NASA

 関連ストーリー:
脱原発を選んだドイツ、二酸化炭素排出量増加や大気汚染によって年間120億ドル以上の社会的コスト増 2020年03月24日
カリフォルニア州では大気汚染でブドウなどの作物の収量が減っているという調査結果 2020年03月24日
欧州、ディーゼル車の減少で二酸化炭素排出量が3年連続増加 2020年03月10日
新型コロナウイルスの影響で中国の大気汚染問題が大幅に改善 2020年03月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカNASA

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース