欧州、ディーゼル車の減少で二酸化炭素排出量が3年連続増加

2020年3月10日 18:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 欧州ではディーゼル車の販売が急速に減少しているが、その影響で二酸化炭素排出量の増加が続いているという(日経xTECH)。

 欧州では自動車に対する二酸化炭素排出量規制が厳しくなっていることもあって、燃費や効率に優れるディーゼルエンジンが広く普及していた。しかしディーゼルエンジンは窒素酸化物や粒子状物質(PM)などの排出量が多いというデメリットがある。フォルクスワーゲン(VW)などが排ガス規制を逃れるようなシステムを導入していたことが発覚したこともあってディーゼルエンジンの環境負荷の高さに厳しい目が向けられるようになり、販売台数が減少。その代わりに非ディーゼルのガソリンエンジン車の販売数が増加するようになっていたという。

 また、二酸化炭素排出量の削減に向け電気自動車(EV)が推進されているものの、まだ販売数は少なく、その結果全体としては二酸化炭素排出量が増加傾向にあるとのこと。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | EU

 関連ストーリー:
フォルクスワーゲンの排ガス規制対策問題で「クリーンディーゼル」への不信が広がる 2016年01月08日
VWの排ガス試験逃れソフトウェア、2011年には社内で、2013年にはEU内で存在が報告されていた 2015年09月28日
VW及びAudiが米国の排ガス規制を不正にクリア 2015年09月21日
フランス、2040年までにガソリン車やディーゼル車の販売禁止へ 2017年07月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車フォルクスワーゲン(VW)ディーゼル

広告

広告

写真で見るニュース

  • GMが開発したグローバルEVプラットフォーム(画像:General Motors発表資料より)
  • AIQの取り組み。(画像:AIQ発表資料より)
  • (画像: NTTドコモの発表資料より)
  • 「GLC350e 4MATICクーペ」(画像: メルセデス・ベンツ日本)
  • ホンダ・オデッセイ用のリアガーニッシュ(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース