経済 RSS

 

ウィズコロナ時代の戸建て住宅 在宅増加に伴う利便性や省エネ性などのニーズ顕在化

2020年12月22日 17:04

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

矢野経済研究所が国内の戸建て住宅市場を調査。ウィズコロナ時代を見据え「戸建て住宅」に対する市場ニーズが変化

矢野経済研究所が国内の戸建て住宅市場を調査。ウィズコロナ時代を見据え「戸建て住宅」に対する市場ニーズが変化[写真拡大]

写真の拡大

 新型コロナ感染症の流行は人々の生活様式を大きく変えた。その一つがテレワークや自粛生活による在宅時間の長期化だ。そうした環境の変化からも住宅の快適さも重視され、また、感染予防の観点からもエレベータなどの共用部分のある集合住宅を避け非都市部や郊外の一戸建て志向も増加しているようだ。

 16日に、矢野経済研究所、戸建て住宅市場に関する調査結果を公表している。これによれば、ウィズコロナをはじめとするニューノーマル時代を見据える戸建て住宅需要が形成され、これを受け供給側からの間取りや内装、設備などハウスメーカーにおける商品提案が大きく変化してきているようだ。

 2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で経済全体の消費マインドの低迷のほか、ハウスメーカーによる住宅展示場での営業や販促イベントなどが制限されたこと等の影響から、戸建て住宅市場の縮小は避けられない見通しになっている。

 こうした動向への対応として各メーカーもコロナ時代の需要開拓に向けた様々な提案を試みているようだ。リモートワークの普及や在宅時間増加などから「戸建て住宅」に対する市場ニーズの変化がみられ、今後の感染状況の推移にもよるが、市場の底は脱していくと見られている。

 メーカーのコロナ禍における提案アイテムとしては、テレワークや在宅ワークスペースの確保や、換気・空調システムによる空気清浄、在宅時間増加に伴う光熱費の上昇を抑制する2重サッシ等の省エネ性の高い設備、外から室内にウイルスを持ち込ませない間取りの工夫などが挙げられる。

 従来からの職場や都心へのアクセスの良さといった利便性に対するニーズがあったものの、コロナ禍でリモートワークの普及による在宅時間の長期化から、広さや快適性を求めるために郊外へ戸建て住宅を求めるニーズも増加している。

 ハウスビルダーが供給する建売住宅は手頃な価格帯ということもあり、既に販売増加につながっている傾向もみられるようだ。新型コロナの終息のあり方は未だ不透明だが、働き方改革とも相まって、在宅時間での快適さを重視する傾向が今後伸びることは間違いない。こうした中で各ハウスメーカーもアフターコロナを意識した商品開発、販売戦略にシフトし始めているようだ。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
フロントがバー? 世界でも人気の、遊び心満載のホテル。モクシー大阪新梅田が開業
オフィス4割削減でも、経営効率3割アップ? ニューノーマルな働き方を推進する企業の情熱
求められる、新たな生活様式。未来に希望をつなぐ、東京大学と住宅メーカーの産学連携

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード矢野経済研究所働き方改革新型コロナウイルス

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース